世間知らずの私が、カルチャーショックに出逢った日


by nannka-nannka

<   2008年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

そういえば、私、今、パンツをはいてない。
なぜなら飛行機に乗っている間中キツめのパンツをはいていて、しかも
座ったままの通気性0の状態で2日間過ごしたせいで、カブレたから( ̄□ ̄;)
さらに、こっちではトイレで使うのは紙じゃなくて水だから、気を付けていても
水がはねて、パンツが常に湿った状態になるから余計にカユくて仕方ない。
両足の付け根をカユさに任せてボリボリ掻いていたら、案の定スリむけた(TωT)
で、もう、苦肉の策でパンツを脱いだ。
このまま生理を迎えてしまったらカブレ+更にカブレで病院行きになってしまう。
病院かノーパンか、究極の選択でOFFパンツに決定(o'ω'o)
スースーするけど気持ちイイ(笑



ところでセネガルのティーンエイジャーはとてもシャイだ。
ほとんどみんな軽くはにかんで握手をしてくれる。
そんなピュアなティーンエイジャー…初々しく可愛らしい…
と、思う私はもうオバサンか…(T▽T)



昼から息子の髪を切ろう作戦決行。
が、父ちゃん敢え無く失敗…(-ω-`。)
諦めきれず悪戦苦闘して切ったけど、息子大泣き
ゥワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!
しかも手の施しようも無い程の虎刈りに…Σ( ̄□ ̄;)ヤバッ
観念してアッサリ床屋へ直行(汗
はじめにこっちに来た方がスンナリ終わったんじゃ…
出世以後、初のバリカンに怯えて更に大泣きする息子
ビェ━━・゚・・゚・(つД`゚)・゚・・゚・━━ン
ものの10分で終了…
髪を切ってる間中ずっと泣いていたので疲れて眠ってしまった。

e0128692_11251311.jpg
床屋さんは
だいたいの店に
こんな看板が
出ている。

物珍しく
可愛い。

私は一目で
惚れた(笑
こういうのが
大好き(。-∀-)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 18:46 | 初めての物

日が明けて2月23日

昨日は息子を風呂に入れてから、寝たのが早すぎたのか夜中に目が覚めた。
時差にもまだなれていないせいだろう。
それからずっと起きていたが、何時に寝て、何時に目が覚めて
今が何時なのか分からない。
気が付いた事がひとつ…
なんと私、セネガルに着いてから、正確に言うとドバイで時計を見たのを最後に
1度も時計を見ていない。。。
時計が無くても生活は出来る…これってまさに…
アフリカンタイム!?

そして出て来た料理を頂く。。。
考えられない程に贅沢な生活…(;・∀・)
日本に帰って又、セカセカと仕事をするのがイヤになりそうで怖い(汗


朝、息子と2人で、昨日頂いたピーナツを食べていると、先にセネガルに来ていた
ブバ(父ちゃんの兄)が顔を出した。
知らない人だらけだった中でブバに会えて、とても嬉しかった。
相変わらず面白い(笑


そして朝食…
アツアツまでは行かなかったが、少し暖かいフランスパンを食べた。
美味しかった(。-∀-)ニヒ♪
トッピングにチョコレートとバター。コーヒーを甘くして牛乳を入れて飲んだ。
床に座って食べるのは何だか面白い。
子供が何かをひっくり返さない限りはね…il||li (つω-`*)il||li


気が付いたんだけど、ココには冷蔵庫が無い。
人数も多いので1回の食事で食べ尽くしてしまうのだろうと思ったけど
それぞれに食事を作っているのでそうでもないらしい。
近くに小さなマーケットがあり、そこで食事の用意をする度に調達して来る様だ。
魚や卵を売りに歩いてる人も居るし、買い置きよりこっちの方が新鮮で
逆に良さそう。

この家には数個の家族が一緒に生活している。
◎ママのママ(家の持ち主)
◎父ちゃん(夫)のママと兄弟(全部で6人)
◎ママの姉と、その娘と、その子供
◎ママの妹と、その娘
◎ママの弟2人
が、この家に住んでいる。
そしてオマケの私達3人…
密度、高っ∑(゚д゚lll)
で、みんな、その家族ごとに、それぞれの部屋や決まった場所で食事をとる。
時間やメニューもそれぞれだ。
キッチンという物は無く、料理は各部屋、洗い物は家の中にひとつある
水場を使う。
トイレやシャワーはみんな一緒なので、1日の中で順ぐり使わないと
混んで大変…(;・∀・)



その後…
ニャイがたまにこっちの食事の場に来ると、父ちゃんは受け入れるが
人によっては怒って追い払う。
あからさまに「しっしっ!」って感じで( ̄□ ̄;)



家の中では大体挨拶すると返してくれるけど、外ではたまにシカトされたり
「よそ者」的な見方をされる事もあった。
でも、それ以外はみんなフレンドリー。
あまりカイカブリすぎちゃダメだな(苦笑


さっきママに前掛けスカートを可愛いと褒められた(*゚∀゚*)
(前掛けスカート=破けたジーンズを前掛けを使ってリメイクし、スカートにした)
嬉しい★*゜*(感´∀`激)*゜*


その後、息子とニャイを連れて外に出て、風船やシャボン玉で遊んだ。
e0128692_1732116.jpg

e0128692_174219.jpg

ニャイのママと弟も外に出てきた。
ベビーカーなどは無く、大きなタライみたいなのに入れていた。
可愛い(*゚∀゚*)
e0128692_1754343.jpg


シャボン玉をしていると、どこからともなくよその子供たちが集まって来た。
父ちゃんの弟のイブも学校から戻り、一緒に遊ぶ。
ここは日本に比べると子供が沢山居る。
始めは遠巻きに、珍しくも恥ずかしそうに眺めていた子供達だが
弟のイブに(日本語で)「あの子達も一緒に遊べない?」とジェスチャーも加えて
言ってみると、手招きしたり声を掛けたりして呼んでくれた。
伝わるもんだな…(´。・∀・)・*
そして沢山の子供に囲まれて私も息子も一緒に遊ぶ。
2才と一番小さいウチの息子は優先的にストローを独占し
あと2本余計に持って来ていたストローでみんなケンカも無く順番に遊んでる。
順番待ちで手持ち無沙汰な子もシャボン玉を追いかけたり割ったりして
なんだかとても楽しそうヾ(*´∀`*)ノ
風船でも遊んでくれていて、小さいけど遊ぶ物を持って来て良かったと思った。
子供に囲まれていると訳も無く…何だか嬉しかった。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 13:12 | 子供たち
こっちに来てすぐに、私になついた5歳くらいの女の子がいる。
父ちゃんのイトコの娘、『ニャイ』。
息子にしたらハトコになる。
が、この子、実は結構ズルい…。
始めは私も遠慮したり様子見たりして、チョット注意するだけだったけど
段々調子に乗ってきたので叱る事にした。
e0128692_18285024.jpg


父ちゃんの一番下の弟、『イブ』は11歳。
非の打ち所も無く本当に良い子だ。
末っ子のせいか息子を弟の様に可愛がり、とても世話を焼いてくれる。
一緒に遊んでくれたり、外に連れて行ってくれたり、息子に抱っこといわれれば
嬉しそうにソレに応じる、優しく賢い子だ。
親の私が見ていても感心する程、いつも息子の良い様にしてくれる。
今も何かのフルーツを私達にくれた。

息子と名前が同じなので、私が息子に「いぶ!」と注意する度にイブはビックリ
して私を見る(;・∀・)
「アナタじゃないのよ」と(日本語で)言って頭をなでると、コレも又、その度に
照れ笑いをするのが可愛い(*´∀`*)
e0128692_12592585.jpg




e0128692_13143444.jpg今日のランチは
チェブジェン。
こちらの主食は
米だ。

この料理は
味付きのご飯に
別に味を付けて
煮込んだ魚や
野菜を乗せて
頂く。
スパイシーでも
コクがあり、本当に美味しい(゚∀゚)<ニャハナ~!(オイシイ)

e0128692_1322890.jpg夕食は魚の
素揚げに
ポテトサラダ、
玉ねぎを炒めた
のもと
フライドポテトが
大きな皿に
キレイに盛られ、
別のボウルには
酸っぱい
ドレッシングの
かかった
レタスやトマトの
サラダ。
ビニールのシートを敷いて、みんなで頂く。
今、聞いたら、大皿の料理は『フィリエル』と言うのだそう。

(゚Д゚ )ウマー( ゚Д゚)ウマー(゚Д゚ )ウマー( ゚Д゚)ウマーσ゚д゚)ボーノ!

美味しくて、私1人で最後までモサモサと食べていた(。-∀-)ニヒ♪
酸っぱいドレッシングは塩と酢で作ったらしい。
トマトは硬めでサクサクしていて、私が食べたトマトの中で一番食べやすかった!
普段はトマトなんて食べないのに…コレは良い(*゚∀゚*) !
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 13:02 | 人々

今は選挙の時期らしい

日本で言う『選挙カー』が走っている。
なんか、ヨロシク的に叫んでいるのは日本と同じだが、明らかに違うのは
あのアフリカンな太鼓のリズムに合わせて元気な音楽を流してる。
しかも改造ハイエースみたいな車の上で踊ってる人もいたしΣ(゚Д゚;エーッ!
結構大々的にやっている。

この国はイスラム国家で、どこに行ってもソレに関連したタペストリーや絵や
写真が飾ってある。
しかも毎日、一日の決まった時間に、お祈りの歌なのか、町中に響く音量で
何度か流れてくる。ソレは早朝や夜中にも鳴る。
始めは驚いたが、もう慣れた。

テレビではカートゥーンも入っているものの、MVCみたいな番組では
セネガルのバンドやアイドルみたいのが出ていた。
全部、ホームビデオで撮影した様なクリップだ。


さっきシャワーを浴びたが、水だったΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!!
水で普通なのだ。
シャワーのヘッドも取れていたから、シャワーじゃなくて『長い蛇口』( ̄ロ ̄lll)
で、浴びたら超寒い((;゚Д゚)ガクガクブルブル
体にかけるには、かなり勇気が要り、先に頭を洗う事にした。
が、ツラツラと背中に流れて来る水が冷たい…
顔を洗った時点で体にもダラダラ流れて来たので
エイッ(`ω′;)三
とばかりに体に水を掛ける!!!
急いで体を洗って流し、タオルにくるまる。

寒くてツライ ;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!

チョット風邪ひいたかも…(泣



息子も私も疲れからか体調を崩したらしい。
さっきから鼻水が出る。
街が乾燥していてホコリっぽいせいかも。
息子はシャワーではなく、バケツにお湯を貰って体を洗わないとダメだ。
喘息なのにココで風邪をひかれては大変だ。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 12:44 | 文化の違い

朝食はフランスパン

飛行機から沢山持って来たジャムやマーガリンをバッグから出して来て食べる。
こちらの食事はテーブルで取るのではなく、床に敷物を敷いて広げて
食べるのが一般的らしい。
毎食ピクニック気分だ。
e0128692_1182182.jpg

パンはとても美味しかった。
外はカリッカリで中はふんわり。
焼き立てを売っているんだそうだ。明日こそ暖かいうちに食べたい。

外に出てみると家の前では雑誌の切抜きのモデルを見ながら女の人2人が
髪を編んでいた。
e0128692_11114516.jpg

家の前には羊。
e0128692_1113940.jpg

すぐ横ではソファの骨組みを作る仕事をしてる。
向かいの通りでは、その骨組みを使って仕上げたソファを売っている。e0128692_11154350.jpg
e0128692_1121245.jpg

そして、こっちとあっちの間を走るその『通り』には、色んな物が走っていた。e0128692_11243163.jpg
馬からバスまで色々。
自転車型のバイク
塗装のハゲた車
など…

e0128692_11301598.jpgバスは事の他
可愛いかった。
時間によって
後ろが
開けっ広げで
人が
ゴレンジャー
的に乗ってる
事も…(笑
乗り口は
後ろドア。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

ココの生活の中で普通に使っている日用品は、日本目線から見ると、どれも
レトロなな感じでとてもカワイイ。私はかなり好きカモ(笑
由香里(友達)が居たら喜んで興奮しまくりだろうな…
写真を沢山撮って見せてあげよう(笑
お土産が意外と楽に見つかりそうだ(゚∀゚)*
日本に帰ったら雑貨屋さんでも開きたい気分になる。
そう思わせる様な、私の心をくすぐる日用品が沢山~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

e0128692_11533536.jpg可愛い蚊帳

e0128692_1158076.jpgベランダの
一角…

中央の
ヤカン(?)が
私の中でヒット!
壊れたブラシは
ホウキとして
使っていた。
サビた水差しも
結構好き(笑

これからも沢山見つけるであろう、この可愛い奴ら(。-∀-)ニヒ♪
見つける度に写真を撮るツモリ(笑
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 12:04 | 人々
息子はモロッコでの待ち時間の間、既に眠ってしまい
飛行機の中でもずっと眠っていた。
この機で初めて黒人の客室乗務員さんを見た。
疲れてウトウトしているうちに…ハッと顔を上げると着陸態勢に入っていた。
…いつ眠ったんだろう…(´・ω・`)?
初めてづくしだと、自分の体の管理すら出来なくなるんだろうか…

無事に夜のダカールに着陸。
降り立つと…まず、生まれて初めての海外に戸惑いまくり。
父ちゃんの後ろを不審者の様にキョロキョロしながら荷物の受け取り場に
向かう。
私の荷物が来た。
父ちゃんの荷物、3つのうち、ひとつはモロッコで預けたんだけど
その荷物をしきりに気にしている様子。
持ち込むつもりだったので鍵のついていないリュック。
開けてみるとデジカメとi-podが無くなっていた。
ココで、まずビックリ。

出口に向かうと出迎えの人の山。
みんな黒人…(当たり前だって!)
誰が誰だか分からずに父ちゃんの後ろを息子の手を引いて歩いていると
誰かがいきなり抱きついてきたΣ(*Д☆ノ)ノ
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!! と思い、顔を見ると…ママ…
ん?ママ?

ママ~★*゜*(感´∀`激)*゜*
会いたかったー!

他にも父ちゃんの弟のママドゥ、アメット、妹のアイダが出迎えてくれて
止まっている車に荷物をガンガン積み込んで行く。
寝起きだし、空気も読めてない私は電柱のようにボーッと立ち尽くすだけ。
周りが早送りで動いているみたいで、あれよあれよと言う間に車に乗せられ
家に向かう。

…車…TAXIだった。

この『タクシー』から始まった私の「カルチャーショック体験」。
当たり前に聞こえるこの響き…私の乗った『タクシー』は…
なんとフロントガラスに何本ものヒビが入ってる(笑
しかも後部座席の右側(運転席の後ろ)の窓ガラスが無い(笑
エンジン音もすごいけど、何よりスピードが…普通の一車線道路で
30km制限の所を70kmで走るわ、車線は無いわ
対向車も同じ車線走ってくるわで交通ルールは全くナシ!?
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
しかも車間距離が激近で運転荒過ぎΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!!
ココまで来たら、もう、笑えない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

車に乗って30分程、ケタハズレな常識のズレが私を次々と襲う…

でも、私も、もう初めての事づくしついでって感じで
すんなりとは行かないけれど意識的に受け入れる事にした。
だって、もう、仕方ない。。。
生まれて初めて飛行機にあんな長時間乗ってたし、生まれて初めての
時差だし、生まれて初めての海外だし。
それに尋常ではない足のムクみにやられ、そして
考えられない程に眠れなく、そこに比例する疲労感。
もう全て受け入れるしかない…だって現実だし。
全て当たり前だと思えば、違った事も楽しいはず…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:¨':*


初対面のママは私や息子と会って喜んでくれた。
私たちがお世話になるのは、お婆ちゃんの家。
ママのママ。
2階の部屋をひとつ用意してくれていた。
ココに来て、色んな人に会い、紹介してもらったけど
名前はほとんど覚えていない…
聞き慣れない名前が難しい…
部屋に通され、用意されたビーチサンダルを履いて過ごす事になった。
家の中も外もコレを履いて生活する。

日中は外で羊をつないでいると言っていたが、着いたのが夜だったので
家の玄関の中に入っていた。
床は石張りになっていて、当たり前に羊達がそこで用を足す…
初めての家畜の糞尿臭…キツいです…
しかも、そこにトイレとシャワー室があって踏まずには辿り着けないのだ…
素足にビーサン、絶対足に付くよ(;・∀・)


そして、トイレ。
飛行機でずっと緊張していた私は、家に着いて安心するとお腹が張ってきた。
いよいよ、その時が来たのだ…

私の人生初 『手でオマタを洗う』 日が。

トイレにはトイレットペーパーの代わりに小さな蛇口があり
その下には水受け、中には茶色い汲みオケが。
気を利かせてママが買ってきてくれたトイレットペーパーを持って入ったが…
『豪に入りては豪に従え』
やって来ました…
「大」をした後、実はすごく抵抗があり、2~3分迷ったけど
意を決してついに実行!!!!!
ん~…思ったより平気だった。別に悪くない…。
でも洗った後、紙で拭く事にした。
ベチャベチャのままでパンツを履くと、いつまでも湿っているのが気持ち悪い。

トイレは水洗だったんだけど、壊れてるらしく水が流れない。
仕方なく汲みオケで流すが、なかなか流れない…ので、しつこく見えなくなるまで
流し続ける。
ある意味、意地だ(笑


翌朝…他人の便を初めて見た…
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 15:05 | 文化の違い
モロッコって、無知からか、今まで全くイメージが湧かない国だったけれど、
着陸前に見た景色には驚いた。
北海道はでっかい道って言うけど、モロッコは見渡す限りの広野に、
お~きく畑を作り、贅沢にお~きく庭の着いた家が、考えられない離れた距離で
隣同士になっている。
地元の「隣が3km先」ってのが全家屋に言えるスケールの大きさにビックリ!

e0128692_12511226.jpg



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*



e0128692_12404474.jpg


空港の中の
カフェテリア
みたいな所で
休む。


e0128692_12391870.jpgカフェテリア
なんて今まで
入った事もなく
行くとしたら
緊張する
だろうと思って
いたけれど、
来てみて
ココしかない
となると
普通に入る
もんだ(笑



ここで5時間程もてあます…
何だか、ヒッ詰めてずっと飛行機に乗っていたから、しばらくゆっくり出来て良いかも。
柱を取り巻くシートに掛けて、息子は水、私はファンタオレンジを注文。

…来た…

e0128692_1323258.jpgファンタオレンジ
着色料がスゴイ…
真オレンジだ…
∑(゚д゚lll)

缶を裏返したら
字すら読めない
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!

安定感の無い
テーブル…
でも金色だし、
キレイでカワイイ。





e0128692_13193984.jpg




父ちゃんの
オレンジジュース
入れ物の
下の方が
オシリみたいで
カワイイ。


少しのんびりしようか。
写真でもパチパチ撮って。
空港内を散歩でもしなきゃ、もう足がムクんでひどいしな。


e0128692_1321513.jpg







壁の一部が
タイルでキレイ

このカフェの店員の白髪の老人…オーナーだろうか。
元気だが、口が悪そう。
フレンス語を話しているが、さっきから見ていると精算をした客が皆な不機嫌に…
ずっと見ていたが、ユーロが使えないらしい。
なんとなくしか分からないけど、多分チャキチャキな物言いで
「この国に入ったら、この国の金を用意して来いよ!」
くらいの事を言ってるみたい。
でもチョット憎めない、そんなオヤジ…可愛くも見えてしまう…(笑

カフェには灰皿が置いてあるにも関わらず、歩きタバコをして床でタバコを消して
そのままにする人が多い。
石畳みたいなフロアだから引火はしないだろうけど、マナーは無いのか…
今は現地時間で16:00。
このまま、あと3時間以上待たなくちゃ…ま、いいけど。
時差の心配をしていたが、殆ど眠っていないせいで体内時計すら狂ってる。
取り合えず、長く眠った時間を夜としよう。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 13:24 | 初めての物

地球はでかい…

こんなに長いこと飛行機に乗っているのに、目的地はまだまだ遠くだ(TωT)
客室乗務員の女の人が息子に何かくれた。
リュックと中にはヌイグルミ、英字の本だ。
写真には無いけど子供用の雑誌まで貰い、表紙が『Cars』で息子、じっと
眺める。
大人しくて助かります…。
子供を連れてると、こういう得点があるのか…(。-∀-)ニヒ♪
e0128692_10595539.jpg


イスタンブール。この辺りの山々は赤い。レンガ色。
この辺、一帯がそうなのだろうか。
日本では余り見慣れない。
光の反射のせいだろうか…ほとんどの土肌が赤い。スゴイ。
上から見ていて面白いのは地形や集落。
山の上のポコンとくぼんだ所に町があったり、地形に添ったクネクネの道が
多かったり、サラっと平たい所に小さく集まり、丸くなってる町があったり…
高い山の上にはユルく撹拌された生クリームを素手で投げ付けたように
万年雪が残っている。
本当なら、もっと広い範囲に雪の広がる光景を見られたカモと思うと…
やっぱり惜しい感じが…

向こう側に見える大きな陸地はイギリスやフランスやブラジルがある大陸らしい。
寄りはしないけど、上から眺められて嬉しい゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚・わ~い


飛行機の中でさえ…息子にジュースをこぼされた`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!
本当ならブッ叩いてやりたいところだが、日本から出ている事もあり
虐待だと思われると怖いので、やめる ~ヽ( ̄д ̄*)チッ

父ちゃんは友達が出来たらしく全く席に戻って来ないし、みんな何言ってんのか
分かんない…
英語を必死で勉強しても話さなくなって5年…
忘れるには十分すぎる年月だ…il||li((゚ロ゚*)il||li
その友達を席まで連れて来て紹介してくれても、アジア系の顔しているのに
言葉通じないし…

もうすぐカサブランカ(モロッコ)に着く。
あと1時間と17分くらい。
カサブランカに着いたら5~6時間は待ち時間があるので体を伸ばしたい。
そんな長い間、空港で何しよう…ブラブラしようか…。
次の飛行機に乗れば3時間程度でセネガルに着くはず。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 11:20 | 初めての物

日付は21日だった

今、どこの上を飛んでいるのか分からないけれど、岩だらけの所だ。
とても広い広い範囲が緑もなく、ただ、彫刻の様な山並み…
町や都市らしい物が広がる地帯は、小さなパッチワークみたいで可愛らしい。
緑が少し見えるようになって来たが、ココから見るとコケの様だ。
こんなゴツゴツした岩だらけの場所でも、人はちゃんと生活しているんだなぁ。
人ってすごい。
こんなに乾いた土地でも、ちゃーんと人々の住む町が点在し、今、まさに生活をしているんだ。

e0128692_10344139.jpg


何て言う国なんだろう。何て言う町なんだろう。どんな人が、どんな風に生活して
いるんだろう…
長い長い時間を掛けて雨や風がこの土地をデザインしたんだろう。
その跡が彫刻の様に滑らかに刻まれて美しい。
緑に囲まれて育った私が考えると、とても過酷に思えてしまうが
ここで育った人は、それが普通なんだよね。きっと。

アラビアだった。


この辺りの高い山々には雪が乗っている。
地球温暖化…ココにはまだ、山に残る雪がある様だ。
でも、これは以前に比べて少ない残り方なのかも…

いつの間にかバグダッド上空を通過していた。
今はイスタンブール上空。海沿いの地形がクッキリとしていて美しい。
近代都市なのだろうか。
四角い建物が多く、東京の様子に似ている。
が、そこから少し離れると『都会』とは程遠い風景だ。
e0128692_10522518.jpg

海沿いにはこの土地をなぞるように道が走っている。
シールのふちにある白い余白、あれみたい。
ブルーの台紙の上に「ペタ」っとイスタンブール形のシールを
貼り付けたみたいで不思議。
ココの風景はとてもキレイなのに、カメラの焦点が飛行機の窓に付く
霜にばかり合わせるので上手く撮れない。
残念だ…


ココの土は赤いのか地面が平らな所はツギハギの様に色々な茶色が
散りばまっている。
赤土が多く見られるが、微妙な違いの茶色がモザイクみたい。
グリーン・赤・茶のタペストリー。
e0128692_10532140.jpg


こんなに色々目にしても、日本から出た実感も今はまだ無い。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 10:56 | 初めての物
これはドバイ空港e0128692_942027.jpg

e0128692_9584.jpg



ここは売店
e0128692_97409.jpg


e0128692_975824.jpg


e0128692_982694.jpg



変な文字のコーラを買った。
e0128692_963327.jpg



7:50発カサブランカ(モロッコ)行きに乗る為、せかし息持ちでウロウロした後
18番搭乗口へ。
同じEmirates社に搭乗。
息子は全然言う事を聞いてくれない(-公-;)チッ
…と、書いている間に飛行機動いていた…

[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 09:18 | 初めての物