タグ:宗教と観念 ( 2 ) タグの人気記事

3月18日 宗教と観念

ついに来た。
明日には飛行機に乗る。
日本に帰って、この体験を両親や友達に伝えたい。
ここの生活は本当に勉強になったな…。
仕事や健康のありがたさ、水や電気のありがたさ、日本に生まれたありがたさ。
そしてこの国の人の優しさ。
帰ったら、忘れない様にこの日記をまとめよう。
写真も入れて。
セネガルは日本に比べて半世紀くらい遅れている様な感じだ。
だからこそ少し、愛おしい気がするのかもな…。
人も文化も生活も。

昨日、残りのワンピースが届いた。
とても可愛い。
ママとアイダが息子にも服を4枚仕立ててくれた。
どれもとても可愛い。
帰ったら服を全部着せて写真を撮りたい。
私も撮りたい。
どれもこれも本当に可愛い。
こんなのを見ると自分でも作ってみたくなるけど…まず、無理だな…(´-ω-`)

セネガルの朝にスズメは鳴かない。
ウグイスの様な緑色の鳥が「チュピピ、チーチー」と鳴く。
大きさはスズメの1.5倍程で可愛い鳥だ。
スズメもいるが、緑色の鳥の方が声が大きいから余り存在感を示さない。
今日は日曜日だそうだ。
セネガルに来る時は夜に向かって飛んでいたが、日本に行く時は
朝に向かって飛ぶ。
セネガルは日本の-8時間らしい。
来る時は1日半、帰る時は丸々2日掛かっているのに過ごす時間は
同じだなんて、何だか不思議…。
それが時差ってもんか…。

自分の好きな曲が恋しい。
ここに居るとセネガルの音楽やレゲーばかり流れていて、もう飽きた。
たまに違うのが入ったと思えばラテン系だし…(´-ω-`)

今、ひとしきり息子と遊んだ後だ。
息子は飽きて父ちゃん所に行った。
ママと父ちゃんは今、米を袋に分けて入れている。
日本では米って通常10kg入りだけど、ここでは通常50kgだ。
ビニール製の麻袋みたいのに入って売られ、まるで肥料か何かの様に
床にどっかり2袋置かれていた。
ってコトは100kgだΣ( ̄□ ̄;)
一般家庭では、これをどのくらいで消費するのか…。
やっぱり何でも大きいんだな。
ここに来て1ヶ月…物売りが家々を回っているのを毎日見かけた。
アイスを売る男の人も、手作りのカートを引いて歩いている。
財布をまとめて片手に吊るして売っている人、
卵をボール紙に並べ、頭に乗せて売る人、
服を持ち歩いて売る人…
一番印象的で写真を撮りたかったのはコーヒーを売る人。
ドラム缶を縦半分にカットした様な形で、タイヤの付いた店の様な物に
ネスカフェのペイントがしてあり、インスタントのネスカフェとお湯の入った
ポット、紙コップを乗せている。
それを押して歩きながらコーヒーを売っていた…あれは可愛かった…。
変な物好きな私のツボにサクッと来た(*゚∀゚*)
道でフルーツを売ってる人が多くて、それを見る度に並べられたフルーツの
色の美しさにハッとしていた。
チャンスがあれば写真撮りたい。

今の時間は分からないけど、多分そろそろ昼になる頃だろう。
ここは、ほぼ1日中お祈りの声がモスクから流れている。
夜中1人で目が覚めた時に聞こえると安心するけど、朝方聞こえると
目が覚めてしまう。

あのお米。
小分けしていた100kgのお米は家で食べる物ではなく、
子供達に配る物だった。
マラブーに言われたのだそうだ。
数十個の袋にまとめていたのは、その為だったんだ。
子供達がこぞって来て、お米をもらっては何か同じ言葉を言っていた。
次は若い男女、残り3つはアイダがどこかへ持って行った。
赤ちゃんか、お婆ちゃんか…。
マラブーに相談した事や、先々に祈願する事があると指示を受けて
こんな風に食べ物を配ったり、モスクに持って行ったりするんだそうだ。
こういうのも、何だか良い…。
自分の将来を案じて、他人に何かを施すって良い案だと思う。
それを言われて普通に出来るのもスゴイ事だと思う。
イスラムと私の信仰の教えは、似ている所が幾つもあって面白い。
宗教が生活に密着していて、分け合う事が習慣や行事になっているって…
なんだか『共存』という言葉を思わせる。
独り占めにするのではなく、与え合い、分け合い、思いを遂げるという事が
この国の基礎になっているのには驚きだ。
分ける事に感謝し、与えられる方も感謝して受け取る…
人間らしい循環だと思うのは私だけかな…。

アイダが私の足の爪を赤く染めてくれた。
キメの細かい土を水で泥状にして、足の爪に乗せてゆく。
フーダンと言う名前らしい。

今は夕方。
バタバタしていたが、ザッと荷物の整理が終わった。
あとは明日、着替える時に荷物を詰めなおせばOK。
歯ブラシセットもしまって髪を整えて、靴を履いて出よう。
さっきアイダにしてもらったフーダンは、まだ付けたまま。
シャワーで流せば良いそうだ。
マラブーにもらった何かをシャワーの時に浴びる様に言われた。

息子が父ちゃんに怒られて泣きながら走ってきた。
火に掛けた油のそばでフザケて、転びそうになったらしい。
火傷はもう勘弁だ…Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!!
あんなに困ったのは初めて…Σ(゚Д゚;o)
でも、ここって子供にとっては危険な環境が多い。
火を使うのも低い位置だし、子供の手の届く高さに危険な物が多い。
女の人で顔にハデな傷跡がある人も多く見たが、そのせいかも。
子供の安全には気をつけたい。
腕や肩にもひどい傷跡を残した人も見た。
それが結構ザラで驚いた。
ラマやアイダには、そんな傷は付いていなくて良かった。

今、マラブーに貰った、おまじないみたいのをやった。
一気に寒くなった。
でも、コレでアレだけ沢山の願いが叶うなら安いもんだ。
全てが叶うわけではないだろうケド、良い方向には行くらしい。
信じるけど。
現在の状況は、私に言わせると落ちる所まで落ちた状態。
あとはエッコラ エッコラと登るだけ。
私には、生まれてからずっと与えられる幾つもの試練があるけれど、
ちゃんとポイントに分けられてるし、所々で救いの人や、キッカケも与えられる。
越えるべくして与えられる試練なら、いさぎよく越えて見せます。
でも、飛行機が落ちるのだけは絶対やだ。
命的に息子を巻き込むのだけは絶対に御免だ。

今夜を越えればセネガルともお別れだ。
嬉しい様な寂しい様な…複雑な気持ち。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-15 13:30 | 信仰・観念
今日はすっかりダウンしてしまった。
昨日から水便になり、1日に10回以上、夜中には5回前後トイレにこもってる。
で、ほとんど寝ていない。
疲れているので眠いんだけど、お腹が痛くて眠れない。
大抵の人は、そんなにヒドくならないと言っていたが…
摂食障害を患っていた頃に『普通』だった胃腸の弱さが、まだ残っていたとは…
嘔吐は無いけど胃が硬くなって、動くとキリキリと痛い。
余りにも頻繁な水便のせいで痔になりそうil||li (つω-`*)il||li
切ない…いつ終わるんだろう…
この調子の悪さ…


昼過ぎ、噂の『マラブー』が来た。
マラブーとはイスラムの祈祷師みたいな人。
ここでは神聖で尊敬を集めるスピリチュアルな存在だ。
私のやりたい事やなんかを色々聞いて相談にのってくれるらしい。
まず、息子が元気で無事に大きくなってくれるかどうか聞いたら
「全く大丈夫」との事だった。
何の心配も要らないと聞き、安心したら泣けた。
ママは、そんなヤワな私を見て驚き、抱きしめ、頭をなでてくれた。
いつでも優しいママ。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


セネガルに来たのにはママに会うのとは又別に理由がある。
息子の割礼だ。
結婚する前に父ちゃんと約束したので仕方がないが、
自分のお腹を痛めた子供の体にメスを入れられるのはすごく嫌だ。
でもこちらの風習なので仕方がない。
女の子なら割礼はしないと言う条件も飲んでもらったのでホント仕方ない。
「必要の無いチンチンの先っちょの皮を切るだけ」と言われ
理屈では分かってるんだけど…やっぱり納得しきれない…。

ママが神聖な割礼用の服を作ってくれた。
白い布で三角帽子とワンピースの様な服。
そして同じ布でお守りも作ってくれた。

もうここまで来たら…諦めるしかない…



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*



夜、腹痛を押して、ママ・父ちゃん・ママドゥ・私と息子で別のマラブーの所へ。
予め聞きたい事をメモしておいた物を父ちゃんに伝え
ソレをマラブーに話してもらった。
これから先のプランを主にメモして話したが、その場にいて一緒に話を聞いてた
ママが「私の娘(私)は頭が良い!」と言っていたらしい(笑
次の木曜日までに色々スピリチュアルな事をして結果を知らせてくれるらしい。

感想としては、マラブーのおじさんの空気が、とても穏やかで、安心して話せた。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 14:07 | 文化の違い