タグ:子供達 ( 6 ) タグの人気記事

色んな夢を見た。
明け方には寒すぎて、息子を抱き寄せて眠っていた。
私はまだまだ寒かったが、息子はうっすら汗をかいていたので
少し暑かったんだろう。
数回蹴られた(-_-)ノノ┌┛)`Д゚) ・゜ァゥ
メゲずに、くっつく。
この数日、なんだかやけに寒い。
洗濯物も乾かないので夜でも湿っていて、日をまたいで干している。

今、ベランダから外を見ていたら、中学生くらいの男の子がベランダの下に
来て「シー、シー」と口を鳴らしたので彼に目をやると、両目をバチバチしてる。
なんだろう、私、ゴミでも落としたんだろうかと思ったら
一生懸命ウィンクしてた(笑
手を振ったら親指を立てて笑ってた。
何度か来て、そんな事をしていた。
何がしたかったんだろう…ウィンク?(笑
一体私、いくつに見られたんだろう(-ω-`。)

息子と2人で、昨日お母さんになった羊にオレンジを上げに行った。
生まれたばかりの赤ちゃん羊は、しっかりと立って
お母さん羊のお乳をグングン飲んでいた。
赤ちゃんの邪魔をしない様にお母さん羊にオレンジをあげる。

部屋に戻ると息子が「チンチン痛い」と言うのでオイルを塗る。
父ちゃんが近付くとイヤがって怒る。
病院に連れて行ったのが父ちゃんだったから痛い事をされそうで怖いんだろう。
一緒に行かなくて正解だった。

父ちゃんの兄弟は子供に対して寛大だ。
この国の人みんながそうなのかな。
だって普通の男の子が、自分の子供以外の子がウンチしたオマルを
わざわざ捨てに行って、洗ってくれたりするだろうか。
しかもまだ親にもなっていない22~3才や、まだ小学校に通っている
11~2才の男の子が。
日本じゃ絶対しないと思う。
それを進んでやってくれるから驚きだ。
時間があれば遊んでくれるし、抱いたまま息子が眠ってしまったら起きるまで
そうして抱っこしていてくれる。
すごい事だ。
小さい頃から、まわりに常に小さい子供がいて面倒を見合って育っている
せいか、良い親になる要素がとても濃い気がする。
特にママドゥに限っては、素晴らしい良い男だ。
口数も少なくシャイだが、いつもニコニコしていて、人当たりは良いし
身の回りの事は全て自分でやる、頼れる男だ。素晴らしい。
良い嫁を貰って欲しいと心から願わずにはいられない。

今、シェハおじさんがガサばる荷物をまとめてくれた。
スッキリとバッグひとつにまとまり、尊敬の眼差しな私(笑
残るは私のスーツケース…出来上がって来た服がどのくらいのボリュームかが
心配だけれど、大半の買い物したのはおじさんが詰めてくれたので
私は私で何とか、ギュッギュッと荷物を詰めよう。
大半衣類なので入れて入らない事はないはずだ。
気合で入れよう。

入れ終わった。
スーツケースが締まらず、上に乗って無理やり閉めた。
開けるのも大変そうだけど、まずは空港に持ってくまでが重そう(`ω′;)
仕立てた服は絶対に入らない。
もう無理だ。
その分は父ちゃんに相談しよう。
スーツケースはもうバンドもビッと締めて鍵も掛けたし。



今回初めての海外でセネガルに来て、不便で不便で仕方なかったけど
学ぶべき点がとても多かった。
日本に比べると極めて時代遅れというか、原始的というか、そんな中で
改めて気付かされる事の多さに驚きと反省ばかりだった。
水や電気のありがたさ、食べ物のありがたさ等、本当に様々に
気付いた事が多かった。
物があふれて何が本当に必要なのか分からなくなっていた。
でも、そこにすら気付かないで生きていた。
生活に必要なものは、必要なだけあれば良い。
生活スタイルはシンプルで良い。
便利さの中での盲目さが、あからさまに分かったように思える。
ここで得た知識を忘れない様に、そして誰かにも伝えよう。
今、こうして生活出来る事のありがたさ。
本当に恵まれた環境で生活させてもらっている。
物も人も食べ物も大切にしなくてはいけないんだ。


服が出来上がって来た。
早い。
1枚を除いて全部出来上がって来た。
残りの1枚は明日出来上がってくるそうだ。
思っていたのより、ずっと可愛かった。
アンサンブル+ワンピース、そしてアフリカンパンツ。どれもとても可愛い。
明日出来上がってくるワンピースも楽しみ。
早く日本に帰って暖かくなって、着てみたい。
ワンピースが4~5枚一気に増えてとても嬉しい。

今、シャワーから上がって息子の服も一緒に洗って干した所。
帰って荷物片付けるのも大変だろうな…。
1ヶ月、携帯使わない生活だったけど、コレはコレで又、良い感じ。
出ない時は仕方ない的な。
そうだ、服作ってもらって余った布を頂いたので帰ったら色々作ってみよう。
なんだか、オーダーメイドって初めてだからチョットわくわく.+.(=´ω`=)゜+.゜
自分にピッタリってどんな感じだろう。
フィットして気持ち良いだろうか…(*´ω`*)
でも、あれって日本で着るとかなり目立つよね…良いけど…。
沢山着てジャブジャブ洗って体に馴染ませたい。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-14 14:59 | 人々
ここまで取り敢えずは順調に乗り越えて来たが、昨日は夜中に又トイレ…。
部屋に戻っても眠れなかった。
何時間、眠ろうとゴロゴロしていたのか分からないが、何だかとても寒くて
なかなか眠くならなかった。
いつの間にか眠ったけど、早朝から父ちゃんがダウンタウンに出掛けるとかで
起こされて、出て行ってから起き上がる。
息子の眠るポジションを直していたら息子も起きてバナナを2本食べていた。

何だかやっぱり腹具合が悪い…。
息子もアレからずっとお腹がゆるい。
普段でもお腹が弱いので息子が心配。
割礼してからずっとTシャツ1枚で過ごしているのでソノせいかも…。

朝食はママドゥとアメットと一緒に摂る。
息子は普通にゴキゲンだヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ
ママドゥの事を何度も間違えて「父ちゃん」と呼んでいたのには笑った。
私のお腹は引き続き不調でやっとパンを10cm食べた。
今はまだ風が冷たいが昼には暖かくなるのかな…
夜には雨が降った。
道が濡れていた。

息子は昨日ママドゥに肩掛け用のポーチをもらって上機嫌で
「お買い物行って来るわ」と何度も言っていた。
又、夜になってダウンタウンから返ってきたママが、昨日買って来た
お守りのブレスレットを持って来た。
ちょっと重い。
息子にそれを付けようとするとイヤがって泣いたが、父ちゃんに叱られて
大泣きして腕にはめられていた。
温泉とかに入ったら色変わると思うけど…大丈夫なのかな…。

外からピーナツを煎る香ばしい匂いがする。
あの作業は女性の内職の様だ。
家を立てる時に使う石を細かく砕く仕事や、煎ったピーナツを小さな袋に
小分けして入れ、それを店を出している人に売ったりしている様だ。
今、息子が煎り立てのピーナツを貰って来た。
結構熱い。
皮をむいて2人で食べた。
美味しかった。
日本に帰って、このピーナツを食べられないのは淋しい。

今、昼寝から覚めたトコ。
一生懸命、詩を作ろうとしてる夢を見た。
何だかとても難しかった…。
詩を書かなくなってから多分もうすぐ5年くらいになる…。
言葉や文章のセンスって日々衰えるから、また書こうと思ったら
1から磨き直さなきゃなんないんだろう。
こうして日記を書いていても文章のセンスは本当になくなったと
つくづく思う…。
いつか又、書いてみたいな…。
日本に帰ったら時差ぼけと、休みも沢山あるので、誰とも合わない時間に
目が冴えてる時、ゆっくり詩集でも読もう。

誰かに自分の力を必要とされている時、その力は以前に比べて余り無いとする。
そんな時にはどうしたら良いんだろう…。
人って、こういう部分でも変わって行くんだろうな。



この国の女の子は良く働く。
日本とは大違いだ。
生活環境や家族構成の関係もあるんだろうけれど、本当によく親を助けている。
庭の掃除や、いたる所の掃き掃除、洗濯や日に何度もトイレ掃除、子守や
食事の支度まで、母親を手伝ってよく働いている。
しかも文句も言わず当たり前に手伝っている所が偉い。
兄弟同士で喧嘩をしても親には歯向かわず背きもしない。
逆に日本じゃ有り得ない。
子供の頃からそういう環境で育つので、大人になっても特別勉強せずに掃除、
洗濯、食事の支度と当たり前に出来る、一人前の女性になれるんだろう…。
ただ、この国の教育事情には少し首をかしげるものがある。
この辺でも、学校に行っていない子供が多い。
そのせいで、今ですら字を読み書きできない大人が多い。
日本じゃ、戦後生まれの年配者だってそんな人は少ない。
家庭の事情や様々な事があるんだろうけど、国家的にあまり子供を大切に
していない様に受け止めてしまう。
外の物乞いの子供達や、物売りの子供達は当然学校には行っていない。
住んでいる家も無い。
彼らの将来に、国は力を貸してくれない。
この辺は、やっぱり日本は先進国だなと思う。
家や家族の無い子供には施設があり、学校へも行ける。
もし、私がすごいお金持ちなら、この子等を引き取って日本語もフランス語も
教えて学校へ行かせたい。
そして立派な大人になってもらって、同じ様に恵まれない環境にある
世界中の子供を助けて欲しい。
悪が連鎖するなら、優しさや愛情も連鎖するはずなんだ…。


息子は明日から普通のパンツが履けるそうだ。
何より嬉しい。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-14 13:07 | 思う事

体調不良

こっちに来てからずっとお腹を下している。
水が合わないんだろう…。
それとも食べ物か…。
絶え間なく腸の辺りがうねりをあげている。
息子も同様。
ウンチばっかりしているので、お尻がカブレた。
ホントお腹ヤバイ。
今日は格別に…。
トイレに入って素手でお尻を洗うのは慣れたけど、気をつけないと
はいてる物がジャブジャブになるんだよね(;・∀・)
1日何回もトイレ行くのは、別に恥ずかしくないんだけど…面倒臭い…。
わざわざ部屋までトイレットペーパー取りに行って、又階段下りてって
音が筒抜けのトイレで用を足すのがイヤだ。。。
水洗なはずなのに、小さな容器で水汲んで、流れないトイレットペーパーを
何度も何度も流すのがイヤだ。。。
出来れば別の所にアパートを借りるか、モーテルに寝泊りしたい。
滞在日数が長いなら私はその方が楽なんだけど…。
夜中に何度も階段下のトイレの前に群がる羊に怯えながら
それらの糞尿を踏まないとトイレに入れないなんてイヤだ~。・゚・(ノД`)・゚・。



気分を変える為にマニキュアを塗ってみた…
少し違う…(-ω-`。)



父ちゃんの弟のママドゥ(23才)にも、持って来ていたタトゥシールを腕に
貼ってあげた。
とても嬉しそうなのに、その表情を必死に隠してクールに
「ジェレジェフ」(ありがとう)と言っていた。…可愛い(笑



午後…
カメラを持って家の前に座っていると10才くらいの男の子が私を見て笑いながら
「サバ…」と声を掛けてくれた。
「サバ ビエン」と返すと、又笑って
「サラ マリ クン」と言う。
「マリ クン サラム」と返したら
「ぁあっ!?」と驚いて、今度は
「ナンガ デフ?」と言って来た。
「マン ギ フィ レク」答えたら
「あぁ!…しぇー…」とビックリしながら手を振って行ってしまった(笑
私、ソレしか答えられないんだけどね(・∀・。`;)



ベランダから外を眺めていると、2軒隣の若奥さんが外でアイロンを掛けていた。
「外でアイロン?コンセント外にもあるの?」と思っていたら
木炭アイロンだった(*゚Д゚*)!
もう展示だけで、どこでも実用されていないと思っていたのにビックリ!
不思議な可愛さを感じて、じっ…と見る。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 11:06 | ライフライン

子供たち

いつもは息子と義弟とニャイは仲良くポータブルDVDを見たりしている。
e0128692_19421423.jpg

e0128692_1942549.jpg


が…
自分の子以外の子供に手こずらされている。
その名も…ニャイil||li (つω-`*)il||li
あのワガママさ…いい加減ウザくなって来た…
勝手に部屋に入って来て、息子のオモチャで遊ぶのは良いけど
遊んでる物を取り上げられると、2才になったばかりの息子は当たり前に泣く…
ゥワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!
取り返そうとして負かされ、更に泣く
ゥワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!
トラブルメーカーとは、こういう事を指すのかな(-ω-`。)

そこに義弟のイブが来た。
息子の泣いている光景を見て状況を察したのか、物凄い形相で尋常ではない
剣幕で怒鳴りながらニャイに詰め寄り、いきなり叩いた((;゚Д゚)オイオイ
座って泣き出したニャイの首根っこを掴み、床に転がし2回も蹴り!?Σ(||゚Д゚)
驚いて止めに入ると、泣きながらニャイが逃げて行った…
こういう時、言葉が通じないと非常に戸惑う。

その後、イブは泣いてる息子を抱っこして部屋のベランダに行き外を見せてる…
少し落ち着いて冷静になった私は、その光景を見てフッと考える。
「あぁ、イブはきっと、可愛い弟をいじめられた気分だったんだろうな…
息子が生まれた事を聞いてから、ずっと会いたがっていたんだしな…
11歳とは言え許せない状況だったんだろうな…」
ポーチからキャンディーを取り出してベランダに持って行く。
差し出すとイブは苦笑いをして首を振った。
息子に2つ渡すと「イブと食べる…」と、ひとつをイブに差し出した。
イブは照れくさそうに受け取り、包みをはがして息子の口に
キャンディを入れた。
息子は手に持っていたキャンディをイブに渡した。
イブは息子を抱いて、外に遊びに行った。

子供って不思議…
会ってまだ間もないのに、ちゃんと絆を作ってるんだな…



ここの子供達は、上の子が下の子の面倒を見るのが当たり前だ。
6歳くらいの女の子が、赤ちゃんをおぶっているのを沢山見た。
近所には普通にそういう光景がある。
そして赤ちゃんの頃から、何かしらお守りを付けている。
ネックレス型、ブレスレット型、金属の物、布の物、皮の物、色々。
子供達が集まると年の違いも関係なく、小さなボールでサッカーが始まる。
e0128692_20274845.jpg若いママ達は
家の庭先で
プラスチックの
タライを並べて
洗濯。

あのプラスチックのヤカンで顔や手足を洗う人も。

e0128692_20265124.jpg家の前では
ニャイのママが
殻を外した
ピーナツを
大量の塩で
乾煎りしていて
その横では
父ちゃんが
洗濯物を
干している(笑
不思議だけど
可愛い光景。

ここにはガスコンロって物がない。
それぞれの手持ちの小さいガスタンクに、専用の台みたいのを付け
ガスタンクに直接付いているコックでガスの量を調節して、直接火をつけて
使っている。
爆発しそうで怖い∑(゚д゚lll)
でも、平気でそこに鍋をかけたり、ケトルでお湯を沸かしたりピーナツを煎ったり
している。
他には、すり鉢に似た形の、日本で言う『シチリン』みたいな物に五徳らしき物を
乗せてお茶を沸かしたりして使ってる。
それは炭をおこして使うんだけど、そこにチューライ(セネガルの自家製のお香)
を入れて燻したりもする。
チューライはとてもいい匂いがする。
私にとっては何だか懐かしい…
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 20:43 | 子供たち
息子はあれからずっと眠り続け、朝の5時くらいまで起きなかった。
寝すぎでビックリ…
私も夜中に目が覚めてしまうので、セネガルには朝がなかなか来ない様に
思われる…。
あの、イスラムの歌…夜のうち3回~5回は流れてる。
日本でこんな事したらスグ警察呼ばれそうだけど…
セネガルの人が日本に来ると、コレがなくて夜が静か過ぎると思うのかな…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


今、部屋のベランダでコレを書いているんだけど、ここ数日の間、日に何度も
外を走る車のタイヤがバーストする。
通りに面した家なので、庭に出ればすぐ通りが見える。
そこを行く車やバスが、走りながら「ボフッ」と言って
急にスピードが落ちてゆく。
あとはバーストしたタイヤが、ホイルに巻きついてバタバタして車が止まる。
はじめは何度かビックリして、その度に振り向いていたけれど
こんな事にも、もう慣れた。
人間の持つ『慣れる』という習性はありがたい。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


ここから、この国の女性を見ていると、若い年頃の子はみんな本当に
モデル並みにスタイルが良い。
「奇形か?」ってくらい手足が長く、お尻はプリッと持ち上がっている。
セネガルの女性はアフリカの中でも3本の指に入る美人揃いだと聞いた。
それに加えて両親や目上の人を大切にするし、家事の出来ない子など
居ないだろう。
女性として、とても優れている。
同年代の日本の(私の知っている限りの)女の子と比べても比にならない。

独身の男の子達は子供の面倒をとてもよく見るし、息子の事もとても
可愛がってくれる。
私が少しでも息子を叱ろうとすれば、体を張ってかばおうとする。
ここには子供を叱る習慣は無いんだろうか…
それにしても、特に義弟イブ、なんて良い子なんだろう…。
日本に連れて帰りたい(TωT)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 19:45 | 文化の違い

朝食はフランスパン

飛行機から沢山持って来たジャムやマーガリンをバッグから出して来て食べる。
こちらの食事はテーブルで取るのではなく、床に敷物を敷いて広げて
食べるのが一般的らしい。
毎食ピクニック気分だ。
e0128692_1182182.jpg

パンはとても美味しかった。
外はカリッカリで中はふんわり。
焼き立てを売っているんだそうだ。明日こそ暖かいうちに食べたい。

外に出てみると家の前では雑誌の切抜きのモデルを見ながら女の人2人が
髪を編んでいた。
e0128692_11114516.jpg

家の前には羊。
e0128692_1113940.jpg

すぐ横ではソファの骨組みを作る仕事をしてる。
向かいの通りでは、その骨組みを使って仕上げたソファを売っている。e0128692_11154350.jpg
e0128692_1121245.jpg

そして、こっちとあっちの間を走るその『通り』には、色んな物が走っていた。e0128692_11243163.jpg
馬からバスまで色々。
自転車型のバイク
塗装のハゲた車
など…

e0128692_11301598.jpgバスは事の他
可愛いかった。
時間によって
後ろが
開けっ広げで
人が
ゴレンジャー
的に乗ってる
事も…(笑
乗り口は
後ろドア。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

ココの生活の中で普通に使っている日用品は、日本目線から見ると、どれも
レトロなな感じでとてもカワイイ。私はかなり好きカモ(笑
由香里(友達)が居たら喜んで興奮しまくりだろうな…
写真を沢山撮って見せてあげよう(笑
お土産が意外と楽に見つかりそうだ(゚∀゚)*
日本に帰ったら雑貨屋さんでも開きたい気分になる。
そう思わせる様な、私の心をくすぐる日用品が沢山~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

e0128692_11533536.jpg可愛い蚊帳

e0128692_1158076.jpgベランダの
一角…

中央の
ヤカン(?)が
私の中でヒット!
壊れたブラシは
ホウキとして
使っていた。
サビた水差しも
結構好き(笑

これからも沢山見つけるであろう、この可愛い奴ら(。-∀-)ニヒ♪
見つける度に写真を撮るツモリ(笑
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 12:04 | 人々