世間知らずの私が、カルチャーショックに出逢った日


by nannka-nannka

タグ:ソモン ( 3 ) タグの人気記事

又床で寝た。
体は痛かったけど暑くない。
朝起きてから、息子と父ちゃんと散歩に出たが私だけ先に帰ってきた。
鏡がないので、まだ自分の顔を見ていないが、きっと日に焼けて
みっともない顔になっているんだろう。
やっと今日、ダカールに戻れる。
ココの景色や人柄、環境などは申し分ないが住環境にはウンザリだ。
ちゃんとした家を構え、水や電気も確保でき、自分に合った住環境があれば
ココには住みたいと思った。
暑いけど、田舎だし、生活面が充実していれば住むには最高。


ソモンでお世話になっているこの家の敷地には家が3つ建っている。
平屋の社宅サイズの家が。
庭もある程度広く、今日まで観察して分かったが、掃除のパートが決まって
いる様で、起きた順番でめいめいに決まった場所を掃除している。
で、みんな終わると庭全体がキレイになっている。
役割分担か…うまく出来ている。

家の入り口にドアはなく、各部屋のドアのみがついてる。
その入り口の階段に座って髪を梳いていると、1人の男の子がニワトリを
追いかけながらやって来た。
そして私を見てハッとした顔をしたが、私の前まで歩いてきて
「ジャポネ?」と聞いて来た。
「ウィ」と言うと嬉しそうに笑った。
そうじゃなかったらどうしただろう…
ココでは白人の事を「トゥバップ」と言う。
私や息子は現地の子供にそう言われた。
ソモンの子供達は黒人以外はみんな「トゥバップ」だ(笑
ダカールでは町の人によく「シノア」と言われた。
「シノア」とは中国人。
指を指されるのがイヤだった。

その子を見送ってからカメラを持って近くの通りへ行って見た。
町で会う人がみんな笑いかけてくれる。
珍しいだけか…(笑
「ボンジュール」と挨拶をしてくれる人も結構いて嬉しく「ボンジュール」と返す。
塀の上から顔を出す花や町並みを撮って歩く。
歩いていると何人かに「ジャポネ?」と聞かれる。
ダカールと違い、ここの人は日本人と中国人の区別がつくらしい。
不思議…。
後で分かった事だが、服装や目の動きで見分けるらしい…さすがだ。
あとはカメラ…やっぱりね(笑
弟を連れて歩く女の子にオレンジ色の花を一輪もらった。
嬉しかったのでキャンディーをあげた。
「メルシー」と2人、走って行った。

戻ってからすごい張り切って荷物を作ったのに帰る気配が全くない。
…なんて書いていたら息子が右手を火傷した…Σ(゚Д゚;エーッ!
父ちゃんがお湯を沸かしてお茶を入れているところに息子が行ったのに
父ちゃんがちゃんと見ていなかったせいだ。
例の危ないガスコンロ…
丁度子供の胸の高さだった。
火を消した直後の暑く焼けた、ガスの出口、火のつく鉄の所、そこに息子が
手を掛け、ふらついて握ったのだ。
いきなり火がついた様に悲鳴を上げて泣き出した息子に驚いて駆け寄り
両手を見てみると、右手の平1/2くらい、あと全ての指の先に火傷をしていて
特に親指の付け根の所は、握ったそのものの痕がついていた。
ガスの出る小さな穴のツブツブまでクッキリとついている。
父ちゃんに対して頭に来たが、グッとこらえる。
今はそれどころではない。
この近くに病院はないらしく、父ちゃんは「大丈夫、大丈夫」ばかり言っている。
大丈夫なわけねーだろーぉ(╬゚Д゚)!!!!
悪い事をしたから痛いのだと思ったのか、息子は痛みに震えながら
「ごめんねー、ごめんねー」と泣いている…ノд-。)
何も悪くないのに可哀想…
2時間くらい泣いていた。
氷を買って来てもらい、手を冷やしながら父ちゃんが抱いていたが
ずっと泣いているのでイライラしてきたらしく「泣かないでよ!」と怒り出した…
限界を感じ、息子を奪い部屋へ向かう。
10分も抱いていると泣き疲れて眠ってしまった。
タオルを敷いて寝かせると、ココの奥さんの1人が歯磨き粉を持って来た。
「…?」と思っていると、眠っている息子の火傷した所に静かに塗っている。
へ~…と思い、お礼を言う。

今は買って来てもらった薬を塗り、包帯を巻いて落ち着いた様だ。
ココの子供達と一緒にCarsを見ている。
こっちに来てから痛い目に逢ってばかりの息子…可哀想過ぎる…。


昼食も食べ終えて、しばらく経つと言うのに帰る気配が全くない。
父ちゃんすら何処に行ったのか…姿が見えない。
コレで又、一晩泊まるなんて言われたら…拷問だ…。
朝からずっとトイレを我慢しているんだよね私…。
本当にココのトイレには行きたくない。
しかもココの奥様方、良く喋る。
遊んでるのか口喧嘩なのか、絶え間なく、勢い良くトークしている。

今、又息子が寝た。

この家付近の道は、本道がアスファルトって事以外、すてべが砂の道だ。
足をとられて歩きにくい。
コレが足の筋力を強化させ、少し細くなってくれればいいが…(笑
セネガルはスタイルの良い人が多い。
溢れている。
それも普通な様だ。
コレってすごい事だと思うけど…。
さっき英語の話せるお姉さん(名まえは知らない)とその話しをした時
「あなたの髪はストレートが普通でしょ?でも私達にはそれがない。
多分それと同じじゃない?」みたいにサラッと言われた。
言われて見れば…間違いじゃない…。
でも、髪がストレートよりスタイルが良い方が私なら良い。
ないものねだりか…。

髪といえば、こっちの女性は髪を編み込んでいたり、布を巻いているのが
想像として多いと思うが、実はウィッグをよく使う様だ。
でも見栄えは様々。
おしゃれに使いこなしている人と、そうでもない人。
使いこなしている人は勿論、見栄えも良いしカッコイイ。
でも、そうでもない人は…分かりやすく言うと乗っけてるだけ(汗
バサッと乗せているだけだからモサモサしてる。
洗濯をしているラマ(妹ではなくて父ちゃんの友達の方)の髪がズレて、
左に傾いたのを見た時はビックリした。
でも、そういう使い方の人も結構多くいて段々見慣れた。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


息子が寝て一人になる時間が出来たので考えたんだけど…
突然日本から出て、初めての海外がココって言うのは…
今思えばかなりキツイかも。
日本は世界でも先進国の中にある。
セネガルと日本…国の抱えている問題が余りにも違う気がする。
日本は腐った政治家、イジメや自殺の問題。
セネガルは生活・仕事、そして食の問題など…国の貧しさだ。
体に染み付いた先進国の生活。
父ちゃんは日本に来た時、驚くというより戸惑った事だろう…。
彼のプライドが「そう」とは言わせないだろうが、きっとそうだったに違いない。
この国の人はみんな優しい。
知っている人でも、その日初めて会えば年下の人間から握手を求める
コミュニケーションをとる。
知らない人との挨拶も当たり前。
目上の人間を尊敬し、大切にする国だ。
日本にはそれが全くない。
その点は見習うべきだろう。
でも、日本の持つ清潔さは…私には手放せない…。
トイレで水を使うのは良いけど。
良い物は取り入れよう。
物を大切にするとか、ご飯を残さないとか、食べ物を含む全般で物を無駄に
しないとか、そういう事は大事にしたい。
日本に帰ったら休みもしばらく取ってあるので、ゆっくり考えてみよう。


今夜19:00頃にココを出られるそうだ。
息子の火傷の痛みはひいてきた様だ。
結構ぐっすり眠っている。
手の平はミズブクレになっていた。


ココに来て足の裏がキレイだったためしがない。
シャワーもビーサン履きっ放しだ…
外に設置してあるのもあり、終わって部屋に着く頃にはスッカリ砂で汚れている。
日本で普通だった『風呂』が、こんなにもありがたい物だったなんて。
また、日本での生活のありがたみについて色々考える。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ダカールに帰ってきた。
帰りもやっぱり行きと同じでポンコツ車だ。
トランクに荷物を詰めてドアを閉める所まで見ていたら、トランクのドアが
ちゃんと締まらないらしく、閉めた後、なんと紐でドアと車本体を結んでいた。
しかもロープとかじゃなくて、書類を束ねるのに使う様な細い綴じ紐みたいの…。
ビックリだよね。
で、ドアの取っ手も無くて中の方(ドアの取っ手が着いてたらしい凹み)の金具に
結び付けてある紐を引っ張って「開けて下さい」みたいになってんの…ヮ(゚д゚)ォ!
で、運転席側の窓に並んで付いてるフロントガラスの脇の三角形の窓あるよね、
あれ、無いの。
して、フロントガラスの助手席側にはクモの巣状のヒビが
アートみたいに入ってる。
思ったんだけど、日本のフロントガラスとかって強化ガラスだけど
こっちの車のガラスはみんな普通のガラスなんだよね。
それか普通のガラスよりチョイ厚めのガラスか…。
日本車の窓のヒビ入り方とは違ってる。

ダカールに向かって走ってる間、何度も危ない目に逢った。
他の車の横入りは当然で 無理な追い越しはあるし、対向車も危ないし
極め付けには政府関係の車。
これが一番危なくて、初めは救急車かなって思うくらい優先的に走ってた。
でも、それにしてはそんな車が多すぎる。
ファザード上げながら10台以上クラクションをブーブー鳴らして、私達の車や
前の車を対向車も気にせずにビュンビュン抜いて行く。
父ちゃんに「この車は何?」って聞くと
「ガバメントのバカヤローたち」と言っていた。
政府関係だからと言って、コレは危なすぎる。
政治家の公用車なら、この交通事情から何とかするべきだろうに。
そんな風に怖い思いをしながら、町を大小5~6個越えてダカールに着く。
相変わらず土埃と排気ガスはスゴイ。
でも、まぁ、やっとマシなシャワーで頭を洗い、いつまでも温まらない
エアーマットで眠れる。
あまりにも現実的にイヤな事ばかりでトイレに入るのも避けていたら
腹の調子が少し良くなった気がする…荒療治か…(苦笑
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-07 12:32 | ソモン

3月7日 ソモンの海

ココは夜になってもまだ暑く、この部屋も案の定ひどい暑さだった。
外気温は過ごしやすくなっても、この部屋は日中太陽に焼かれた外壁の石が
夜まで暑さを保温して、蒸し風呂の様。
結局、昨日沢山蚊に刺されてカユいし、暑くて眠れなかった。
ひどくイライラする…(*`・з・)
息子はおでこと頭を集中的に26ヶ所も刺されてデコボコになっていた。
息子は虫にやられると、そこが水ぶくれになってカサブタになって痕が残る。
集中して刺されたこの場所の痕が残ったら可哀想だ(TωT)
他に耳を3ヶ所、頭も6ヶ所刺されてるし…
なんか息子にとって、この旅行って痛いものになっている気がする…
これ以上、傷や怪我が増えるのが怖い…
とにかくココの蚊が憎い…(╬゚Д゚)<オルァ!

セネガルって所は昼も夜も長い。
仕事をしていないせいもあるんだろうが、1日がすごく長い気がする。
だから1日の中で嫌な事があると、それも長い。

今は朝なので、この部屋も風通しが良く少し涼しい。
でも、さっきからお腹がヤバイ感じで困る…。
だって、ココのトイレ本当に使いたくないんだもん…(TωT)


あ!そういえば昨日、トカゲを見た。
10cmくらいの大きさで、壁にへばりついていた。
びっくり!
茶色で可愛いの(*゚∀゚*) !
今日また見れたら写真撮りたい!


ここの日中の温度は30~32℃くらいだろう。
暑いがまだ大丈夫。
でもやっぱり北海道人だ。
3月には3月の寒さが恋しい…。
さっき少しの間、海に入ったけど暑くてバテた。
朝、海を散歩しながら貝がらを拾っている時は丁度良かったのに。
今も風は涼しいが、温度はどんどん上がっている。


今少し眠って起きた。
暑いし扇風機すらないので安眠は望めない。
今、ラマがポテトを揚げてくれた。少し食べた。
でも絶対トイレには行きたくない。
セネガル人も余り暑さは好まないらしい。
みんな暑さを避けている。
セネガルは日本人から見るとやっぱり年中夏だ。


昼過ぎ~夜までずっと、みんなで海で過ごした。
前の様に布でテントを作ってもらい日陰で過ごしたにも関わらず
その布を通過した紫外線で日焼けした( ゚Д゚)<イタタ
恐るべしアフリカの太陽…。
ずっと横になって過ごしたが、あまりの暑さに具合が悪くなった。
水は日陰に置いているのに お湯になってるし、これほど日なたを
怖いと思ったのは人生で初めてだ。
気温を聞くと43℃…!?
何ぃっ!?壊れてんじゃねぇの?その温度計Σ(*Д☆ノ)ノ!!!
昼に行ったので、いつまでも暑さがおさまらず、かなりきつかった。
もう、このまま一生、涼しい時間が来ないかもとさえ思えた。
風も、焼かれた砂を撫でて吹いてくるので、ひどく熱く
そんな風の一吹き一吹きがイヤだった。
そんな中、白人達は茹で上がったロブスターの様に肌を赤くさせながら
泳いだり、肌を焼いたり、ホテル裏のビーチでビーチバレーをしていた。
私はと言うと、その暑さを何とかやり過ごし、息子を父ちゃんの弟達に任せ
横になり続けた。
陽も段々暮れ始めた頃、物凄い数のトンボが砂浜の空を飛んでいた。
この海には1日中トンボが居る。
過ごしやすくなり、やっと日陰から出た私は貝を探して歩く事に。
今日はみんな海に入って遊んでいる。
私も入れたら気持ち良いんだろうけど…入った後がね…嫌なんだよね…。
息子の傷が治ったら絶対海に入れてあげたい。
1日我慢強く言う事を聞いて海にも入らず遊んでいた。
陽が落ち、視界のあまり利かなくなる頃、星をじっと見ていた。
ゴザに寝転んで真正面に見えるオリオンとその周辺の星を眺めていた。
日本とココとではオリオン座の向きが違う。
その周りの星も見慣れない配置だ。
「なるほど…」と思いながら見ていた。
途中息子がグズったので抱っこして起き上がり、波打ち際を歩くと
何やら、真っ暗な中に白く浮かび上がり、うごめく物が…(*゚Д゚*)!?
じっと目を凝らすと、それは幾つもあり、15cmくらいの、白くて長丸い物…
カニだった。
写真を撮ろうとカメラを持ったけど、暗すぎてピントが合わず諦める。
砂の中に住んでいて、暗くなると出て来るそうだ。
食べられないカニらしい…残念…。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-06 19:50 | ソモン

3月6日 ソモン

ソモンへ行く。
午前中に出発した。
車は長距離貸切でバンみたいなグリーンのやつで、シートは全部で3列。
荷物を積み、みんなで乗り込む。
メンバーは私・父ちゃん・息子・ママドゥ・アメット・シェハ、そして
バイ(シェハの兄弟)。
ソモンまでは車で約2時間。
ここでハッキリ分かった事が、ひとつ。
ここには走る車線以外の交通規則はない。
私達の乗ったバンのスピードメーターは、車自体が70kmくらい出ていても
壊れているからメモリはコッツリ『0』を示したまま。
街には宣伝用の看板はあってもスピード制限の標識は見当たらなかった。
工事をしていても、誘導員の姿は無く、道と道の交わる所、例えばY字路の
所なんかは、我先にと入ってゆくので、ひどい混雑だった。
途中では事故があって、トラックが道を塞ぐ様に横倒しになっていても
なかなか警察は来なくて、脇道を通ってそこを避けたりもした。
警察もバイクに乗ったのを何人か見たけど、交通の邪魔になって
クラクションを鳴らされてる始末だ。
ディーゼル車が多いらしく、排気ガスで死ぬかと思った。


ソモンに着いた。
お婆ちゃんの兄弟の家らしい。
父ちゃんの仲良しのラマと赤ちゃんもいる。
この家の旦那さんは見ていないが、奥さんの集団があり、子供や赤ちゃんも
沢山いる。
みんな1人の御主人の奥さんなんだろう。
それぞれに部屋があるようだ。


荷物をといているうちに息子の姿が見えなくなり、ずっと探した。
外に出たら女の人が3人座っていて、通りの方を指差したので走って行って
みたが見つからなかったので、戻ったら、この建物の、違う部屋でTVを
見ていた。
ウォロフ語もフレンチも私には分からない。
とにかく見つかり、安心して叱る。
父ちゃんは私と息子を置いて兄弟達とどこかへ消えた。
気ままな夫に妻子は足手まといか…ま、そうだろうけど。

ソモンは観光地の中でも穴場的スポットらしい。
旅行者の外国人も沢山見た。
特にヨーロッパ系の白人が多いみたい。
さっきも息子のウンチを捨てにトイレに向かう途中、ココの敷地内の日陰で
しゃがんでタバコを吸う白人男性がいた。
「ハーイ」と優しく言われ「ハイ」と笑って返す。


夕方、海に行った。
息子も、とても嬉しそうに足まで海に入って遊んでいた。
チンチンさえ良くなれば思う存分海に入って遊べるのに…。
私はカメラで何枚か写真を撮った後、息子と手をつないで波打ち際で
遊んでいた。
ココの海はダカールと違い、とても美しい。
リゾート地だけあって南国風の小さなホテルやバーなどがビーチに並び、
白人の方々がビーチバレーをしていた。
砂も全て珊瑚や貝が砕けたもので、長い長い年月の間に出来た物の様だ。
クリーム色の砂。
水の色も透明度が高くキレイだ。
足だけ入ってみたけど、気持ちよかった。
冷たすぎず、むしろぬるいくらいだった。
そこにのんびりしながら夜まで居た。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


生活環境について…


結局、泊まる事になったのは父ちゃんのおじさんの家。
奥さんの数不明…。
10畳ほどの1室に一緒に来たみんなと泊まるらしい。
しかも、この部屋すごく暑い。
風の入りも悪くムワッとしている。
で、トイレと浴室…
まずどっちも水道がない∑(゚д゚lll)
トイレの形は和式に類似していて、水も汲み置き(`ω′;)
シャワー室も、あるのは排水溝のみ…Σ(゚Д゚;エーッ!
バケツに水を汲んで入り、ソレを使う( ̄□ ̄;)
父ちゃんの実家でアレ以上悪い環境って考えられなかったけど…
勝る所があったのね…――(*ΦωΦ)―→ グサッッ!!
あっちの方がマシだと思うなんて夢にも思わなかった…il||li (つω-`*)il||li
アレより悪くはならないだろうと思っていた自分が本当に甘かったと後悔…。
寝る時はココに布でも敷いて寝るんだろうか…
石の床だ…
硬すぎやしないか…?(TωT)

息子は付いた途端に「お母ちゃん…おうち帰りたい…」と言っていた。
私ももう、日本のおうちに帰りたい…。
日本では、まだ寒い3月…
凛と冷たい風と、澄んだ空気…
夜中は静かで、ベッドは暖かい…
違った環境に置かれないと自分が恵まれてるって本当に気付かないものだ…。


父ちゃん達は思い思いに涼んでいる。
私はこの風通しの悪い部屋で息子と二人、じっとしている。
何で1ヶ月も居る事になったんだろう…
やっぱり住めない。
生活環境が整わなくては住める気がしないんだよ。
この土埃と排ガスだけでも私にとっては大問題。
あと、細々とした事を挙げれば全くキリがない。
人はとても良いけど、それ以外は…のんびりしてるくらいしか思いつかない…。
虫も多いし、暑いし、トイレもシャワーも汚いし…

やめよう。

楽しい事を考えなくちゃ…。
体調を崩すとネガテェブになる…。
今、私はトコトン気分が落ちているんだろう。


シャワーに入って来た。
…っつーか、バケツに水汲んで行って来たけど、戸が取れてた。
しかも戸を閉めても隙間だらけ…。
夜になって気が付いたが電気もない。
懐中電灯を四角く繰り抜かれただけの窓に立てかけて使う。
正直な感想は「何で私がこんな目に…?」だ。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-06 16:09 | ソモン