カテゴリ:生活環境( 5 )

3月10日 慣れ

ココに来て、私はいつも早起きだ。
夜明けと共に目覚める。
ダカールの朝は少し冷んやりしている。
ソモンはずっと熱帯だった。
ダカールの人はキレイ好き。
だって1日中掃除している。
朝は家の中の掃き掃除(羊の排泄物で床が汚れているから)トイレや
シャワー室の掃除から始まり外の掃き掃除、洗濯など、1日中家事だ。
家族が多く仕事がないせいもあるかもしれない。
日本人の様に女性が働くって事が珍しい。
仕事も少ないんだろう。
でも、私も見習おう…日本に帰ったら。

今、朝食のパンを食べ終えた。
こっちの人の色使いは奇抜だ。
でも、似合ってしまっている所がすごい。
やはり肌の色か…黒い肌には色んな色が映える。
特に原色。
強くハッキリした色の衣類も多い。
写真を見本用に沢山撮って帰ろう。
こっちの人は金色や銀色の服を普通に着ている。
全身金色の人も見た。
スゴイ…。
あれは自分に自信があって着こなしているんだろうか…。
私には真似できない。
私の好きなセンスに一番近いのは義妹のアイダの服装だ。
彼女はシンプルに何でもきちんと着こなしている。

足の裏が毎日汚い。
Welcome to Africa…。
汗疹もカユい。
ノーパン生活にはスッカリ慣れた。
なんだか軽いから日本に帰ってもノーパンかも(笑
息子もトイレトレーニング、寝てる時意外は順調なので、帰ってもできるかも。
問題は飛行機だ。
その間はオシメをするからそれに慣れて教えなくなったら困るな…。
トイレを教えたら過剰な程、ホメちぎってやろう(笑


今日は昼から買い物へ行く。
父ちゃんの機嫌は思わしくない…期待薄…。


どうやら病院で火傷の包帯を替えてもらった時、水ぶくれを破かれたらしい。
水だけ抜けば治りも早いのに皮を取るなんて!
ヒドイ!!
さっきあまりにも包帯が汚れていたから外したら、ぺロッと皮がなくなっていた。
仕方ないからガーゼを当てて四角いバンドエイドを貼った。
シェハおじさんが新しい包帯をくれたのでソレを巻いた。
それで息子の気は済んだらしく大人しくなった。
でも、包帯の新しいのを買って置かないとコレはすぐボロボロになっちゃう。
日本に比べて物の質が悪い。
良いのは人とフルーツの質。
日本にいる感覚で何か欲しいと思っても、そのものは無い。
それっぽい物か、質の落ちるもので我慢するしかない。
コレはでも仕方ない。
ガムひとつ、用が足りない。
ファーストフードひとつ満足できない。
今度海外に出る時は、ココ以外の国にしよう。
アフリカはもう良い。
1回来たら、しばらく良い。
今度はもっと日本と近い状態の所が良い。
生活環境が似ていて、不便の無いところ。
…言葉分からないにも程がある…。

帰ったらしばらく1人になりたい…
1人になって思う存分ボワ~っとしていたい。
人に行動を左右されるのがメッポウ苦手な私だ…

買い物に行って来た。
父ちゃんの機嫌が悪く、息子が転んで更に機嫌が悪くなったので
シカトして息子を抱く。
眠かったのか抱いて少し歩くと眠った。
裏の裏道みたいな所をグルグル回って色々な店を回った。
で、布を5~7枚くらい買った。
全部私の服を作る布。
で、さっき帰ってきてから服のデザインを紙に書いて布に挟んだ所。

今回買った布はほとんど染物で、そうじゃない布も初めはゴワゴワ硬いけど
洗うと柔らかく味が出そうな物ばかりだ。
大いに着て大いに洗おう。
普段着にして毎日でも着よう。
部屋着にでもしようかな。



今、花火が上がった。
何度もバンバン言うので今日はよくバーストするんだな~と思ったら
花火だった。
向かい側の裏通りで上げているらしい。
正面に見える。
安~い感じの花火だ。
父ちゃんは息子を連れてバナナとティッシュを買いに行った。

相変わらず水や電気がよく止まる。
前ほど長い時間ではないので慣れれば普通ってトコ。
この環境に慣れつつある自分が怖い。
ミネラルオウォーターばっかり飲んで、たまにはマンゴージュース、
オレンジやトマトばかり食べてしばらく経つが…
ご飯味やおかず味の物が食べたい…(TωT)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-11 12:06 | 生活環境

3月9日 

昨日から体中カユくて仕方ない。
汗疹があちこちに出来た様だ。
汗かきっ放しだったもんな…ソモンで…。
今日は又、息子の病院の日。
割礼されたり、大人の不注意で火傷したり…痛い事尽くしで可哀想(TωT)
でも手の痛みは落ち着いている様だ。
このまま順調に治ってくれる事を祈る。

今日は珍しく息子は早い時間に病院へ行った。
私は又腹痛再来…。
マニキュアでも塗りなおすかな…

アイダが服を見せてくれた。
色々見せてもらって作ってもらう服の形を決める。
黄色い服を1セット貰った。
マーメイドスカートが可愛い。
袖の広い服も。
青い色のワンピースも欲しい気がしてきた。
買い物に行って面白い布があったら買ってこよう。
私の体調が良い時に、父ちゃんの機嫌が悪い。

塗りなおした。
丁度息子が帰って来た。
患部の包帯は取れていたが、まだ水に塗らしてはいけないらしい。
日本に帰る頃にはお風呂に入れるそうだ。
火傷の包帯も変えてもらっていた。
病院は今日でおしまい。

息子が「お母ちゃん眠い…」と言うので少し一緒に眠る。
でも、おねしょをして痛くて泣いて起きていた。
少し外に出て羊達にみかんの皮をあげたりしていたけど、今はまた
部屋の中でカーズのDVD見てる。
コイツ…セネガルにDVD見に来たのかってくらい毎日何回も見てる。
まぁチンチンのせいで痛くて思う様に動けないから仕方ないっちゃ
仕方ないんだけど…
私はこっちに来て、まだ1度しかTVを見てないな…そういえば。
この辺はTVって一家に一台だ。
やっぱり30~40年代の日本的な感じ。
映りも悪いし…。
洗濯機も無いし。
冷蔵庫もないし。
ガスコンロもポータブルだし…。


しばらく外で羊を見ていた。
アフリカか…。
合わないなぁ…。
生活的な環境が自分に合っていれば住んでも楽しそうだけどサ…。
今、息子は服を仕立てるのに寸法を測りに、父ちゃんとアイダにつれられ
仕立て屋さんに行った。
私も服作ってもらうの楽しみ(。-∀-)ニヒ♪
服の好みはこっちの方が合ってる気がする。

今、帰って来た父ちゃんと将来の事について話していた。
彼は彼なりのビジョンがある様で、熱く語っているのを冷静に聞いていた。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-08 18:24 | 生活環境
昨日は動き回ったせいか、ぐっすり眠った。
薬も寝る前に飲んだけど効かず、朝から2回もトイレに行った。
体持たないんですけど…(-ω-`。)
だから食事は朝からオレンジ2コ。
日本食、食べたい。
味噌汁飲みたい。
父ちゃんの弟のダウダが日本に来た時も、このくらい辛かったのかな…。
知らなかったとは言え、今更可哀想だ。

外に出られそうもなかったので、オレンジを食べた後、ベランダ越しに外を
見ていた。
ここには日本にあるものがあまり無い。
清潔な環境や飲食店、仕事やウォシュレットやその他色々…。
でも、ここには日本に無い物も沢山ある。
のんびりとした朝の風景、密接した隣同士が外で並んで洗濯をする様子は
微笑ましいものがある。
その周りでは赤ちゃんを負ぶった子供が、背中の子をあやしながら
歩き回っている。
時間に追われる事の無い様は、本当に日本とは程遠く、愛おしい。


特別する事の無い日は、特に日本に帰りたくなる。
退屈な1日。
食べるのが楽しみだったのに、その楽しみを奪われたら
後は外出くらいしかない。
それも腹痛のお陰でほとんど出来ない。
海外に行くなら、もっと近いところから攻めておけば良かったな(`ω′;)


この辺は猫が多い。
昼夜問わず、しょっちゅう猫のケンカする声が聞こえる。
家を出て少し歩くと野良犬が多くなる。
色々あさりまわっている。
犬は危険だそうだ。
部屋にいればハエが多い。
夜中のトイレはゴキブリが沢山いて気持ち悪い。
本当は室内では裸足で過ごしたいが、それも出来ない。
今の私は体調不良のせいで少し引きこもり状態。
用も無く、どうしても外に出る気がしないのだ。
あ、でも、近くの朝市…行って見たいと思ってたんだ(。-∀-)


昼過ぎに「ケーキが食べたい」と父ちゃんに言ったら、ママドゥと一緒に
タクシーに乗って買いに連れてってくれた。
小さなマフィンの様なケーキを息子や弟達に5つ、普通のケーキを2つ
大きなパン1つに、クロワッサン2つ。
さっき食べたが、私にはどれも甘すぎた…。
むか~し子供の頃に安いケーキを食べた時のクドさを思い出す…。
少し苦めのコーヒーと一緒でも、ひとつは食べられなかった。
口の中でスポンジを噛む度に、クリームの溶け切っていない砂糖が
ジャリジャリと歯に触る…。
こっちはコレが普通なんだ。
クロワッサンもひとつたべたが、やっぱり国が違うと馴染む味も違う。
甘い物もダメだったか…。
ケーキを買って帰る時、チラッと見かけた焼き鳥。
何か機械で焼いているのを見つけたんだけど…次はアレを食べてみたい。
今の所、肉の味付けのみ口に合う。
あとサラダのドレッシングの味も。


ママがオーダーメイドで私に服とスカートを作ってくれるらしい。
なので自分でデザインしたワンピース2枚とマーメイドスカートを頼んだ。
一番仲良しの義妹のアイダが戻ったら、私の寸法を測ると言っていた。
日本で着る機会があるんだろうか…。
前にママが送ってくれた白と赤のワンピースも1回しか着てないのに…。


腹はまだ壊れたままだ。
日本に帰っても、又、慣れるまで腹下すのか…(´-ω-`)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-06 14:07 | 生活環境

2月26日 断水

息子の割礼は明日の15:00に行うそうだ。
ヨーロッパの小児科の先生がいる病院で手術をする。
今は何も知らずにこうして遊んでいるが…
明日以降泣き止む事はあるんだろうか…。
心配でたまらない。


今日も私は寝たきりの生活だ。
父ちゃんはショッピングセンターへ行った。
息子はおいて行ったので、イブが見てくれている。
まだ子供なのに、本当によく面倒を見てくれる子だ。
自分の小遣いで息子にお菓子を買ってくれたりする。
e0128692_15191477.jpg

今もピーナツと
青いみかんの
様なフルーツを
くれた。
一見
すっぱそうに
見えるけど
そうでもない。

息子はそんなイブに「お兄ちゃん大好きだもねー!」と言っていた。


そういえば昨日の夜、私の体調が余りにも悪く、見兼ねたママが羊のポトフーを
作ってくれた。本当に美味しかった。
私は特別、ホームシックとかにはならない方だけど…
こんな風に体調が悪くなると
日本にも帰りたくなるな~(TωT)
日本に帰れば…
水が飲みたい時は蛇口の水を飲めるし
飲みなれた御茶やクドくないオヤツもある。
靴を脱いで歩いても足の裏にザラつきはないし
普通に床に寝そべる事も出来る。
トイレに行けばキレイな床やトイレットペーパーがあり
夜中にトイレの電気を付けてもゴキブリがウジャウジャいて怯える事も無い。
北海道で生まれ、北海道で育った私は、ココで生まれて初めて
ゴキブリと言う生き物を見たんだから…ノд-。)
エアーベッドは敷物が薄くて、いつまでも温もらず朝まで寒くて眠れないけど
自分の家なら暖かくてフワフワの体に馴染んだベッドで眠れる。
暖かいシャワー、お風呂だって、温泉だってある。
風呂上りにはキレイなまま部屋でリラックスも出来る。
夜に頑張って冷たいシャワーを浴びても、ドアを開ければ羊の糞尿を避けられず
泣く泣く踏んで2階に上がるなんて事も無いし…

でも、ココはココなりの良い所はある。
日本に比べて物価は安いし、フルーツも時期はあるものの道のあちこちで
売っている。
そうじゃない人もいるが、大体の人は陽気だし、子供達も純朴で素直だ。
食べ物だって美味しいし、みんな本当に親切だし。
何より人同士が、いたわり合いや助け合いを普通に知っている。
物を無駄にしない所なんかは本当に尊敬に値する。
生きるに長けた人々だ。

ここまで書いて思ったけど、私の望む物は日本にあり、惹かれる人柄や風習は
こっちにある様な気がする…



昨日の夜中もトイレにしばらくこもりきりだった…。
そして今朝も…。
一体いつまでこんな体調不良の嫌な日が続くんだろう…。



そういえばココ、毎日昼くらいになると必ず断水になるんだよね。
多い時は1日2回くらい。
で、私、今トイレ祭りだから、そうなると流せないじゃん…。
超キツイんですけど…;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!
予告無く毎日断水だよ。
日本じゃ考えられない。
数日に1回、停電にもなる。
ライフラインの安定供給が出来るだけでも、日本って本当にありがたい。
住んでると当たり前すぎて意識しないけど、本当に先進国なんだな…
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 15:39 | 生活環境

文化の違い

生まれて初めての外国。
日本のほぼ裏側の国、セネガル。
その首都ダカール。
ここは何だか不思議な場所。

国が違うとか、文化が違うと言うより…
何と言うか…時代が違う錯覚に陥る。

私が子供の頃から「生きてみたい」と思っていた30~70年代の日本の様な…
そんな感じ。
いや、見ていないから解らないけれど、きっとこんなだったんだろうなーって言う
予想的なものと、私の子供の頃に見た事のある様な懐かしい風景だ。。。
『ある物を使え』みたいな所と『年上を敬う』って感じの所。
年の違う近所の子供等がサッカーをしたり、小さい子の面倒をみんなで見たり。
リアカーの小さくした様なのを押しながらアイスキャンディーを売って歩いてたり
アイスボックスを肩からさげて歩きながら、袋入りの凍ったジュースを売ってたり
道沿いに小さくて簡単な手作りの店を構えフルーツやピーナツや
ドライフルーツをいつでも手軽に買えたり
大人達は自分の子供じゃなくても、悪い事をしてるのを見つければ
ガツンと叱ってやれるところ。
近所の若者が、家のベランダの一角や、庭先の一角に小ぢんまりと集まり
談笑しながらアタヤ(セネガルのお茶)を飲んでるところ。
文明が進んでゆく事で、人の心というのは荒んでゆくものなんだろうか…
物や情報が充実し、溢れて来ると支えきれなくなった心や頭の底が抜けて
ポッカリと穴が開いてしまうんだろうか…

淋しさって言うのは色々な形やキッカケがあるけど
根本的に『コミュニケーション』が薄れる事で心の厚みが段々削られ
心自体がモロくひび割れていく様な気がする。
私のイメージとして…



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*色とりどりの風景:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*



e0128692_1430645.jpg家の裏
表も裏も
羊だらけ。
日陰が表なら
表で涼み
日陰が裏なら
裏で涼む。
太陽と
仲良しな
暮らし方。
窓もドアも1日
開けっ放し。

e0128692_1435289.jpg


可愛いと
思った物(笑
後ろの右は牛乳。
その隣は水。
手前の右は
コーヒー
(ネスカフェ)
隣にある
「coffee mate」は
砂糖が入ってる。

e0128692_14405359.jpg





窓の鉄格子(?)
モダンな感じ

e0128692_14425924.jpg


レトロなカーテンと
コンクリートの壁。
壁上部には
イスラムの
偉い人の写真。
下に見える
ブルーの
ガスタンク…
アレが
家庭用コンロ。
子供の手の届く
高さで怖い。
乗ってるケトルも
可愛いくて好き。
ここはリビング。

e0128692_14475074.jpg



ニャイのママが
ニャイの髪を
編んでいる所。
ここでは
晴れの日には
大抵の事を
外でする。
開放的、かつ
健康的。
人々も明るく
親切で
私は好き。

e0128692_1451331.jpg




いつも明るい
子供達。
カメラを向けると
みんな
こんな感じ(笑

e0128692_14521779.jpg
ニャイのママと
弟のオマール。
赤ちゃんを
おぶる時は
この布を使う。
背負われてる
赤ちゃんの足は
ピンと前に
真っ直ぐ伸びる
のが面白い(笑
小さな女の子も
上手にコレを
使って
更に小さな
弟や妹を
世話している。
そんな光景が
愛おしくて
涙が出た。

e0128692_14565585.jpg

アイスボックスで
売られていた
氷のジュース。
ビニール袋の
下の端っこを
歯で噛み切って
チューチューと
飲む。

e0128692_1505065.jpg


カラフルな
色使いが
目に付く。
家の向かいの
玄関先。
この家の
庭先で
よく座って
まったりした。
モザイクの様な
床のタイルが
素敵…
e0128692_1543615.jpg

隣の家の玄関先。
この家の
ベランダから
良く見える。
フルーツ柄の
大皿が可愛い。
ここのタタキも
キレイで好き。

e0128692_15758.jpg


ここは
向かいの家の
庭先(?)
よく洗濯物を
干したり
椅子を出して
お茶を飲んだり
しているのが
見える。
『秘密基地』
みたいで
羨ましい(笑
自分の家にも
こんな場所が
欲しいと思う。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 15:10 | 生活環境