世間知らずの私が、カルチャーショックに出逢った日


by nannka-nannka

カテゴリ:文化の違い( 7 )

3月2日 長い昼休み

午前中、朝食にオレンジを食べて又息子と眠る。
起きると私1人だった…。


で、息子に昼食を食べさせた後、昨日書いたポストカードを近くの郵便局まで
出しに父ちゃん、ママドゥと行く事にした。
そしたらまだ休憩時間だった。
12:00~15:00まで休憩って…日本じゃ考えられないよね…(;・∀・)
しかも17:00閉店て…ヮ(゚д゚)ォ!
すごいよね(笑
仕方ないから日陰でボーっと開くのを待ってた。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

開いたので入ってって、『Japone』と言うと切手を渡され、
父ちゃん・ママドゥ・私と3人、窓口で切手舐め大会(笑
全てのポストカードに切手を貼る。
切手裏の糊の味は日本と同じだった。


息子は今、病院に行っている。
術後の検診と言ったところか。
一部、カサブタの様になっていたけど大丈夫だろうか…。
行く前にオモラシをしてしまい、ママの作った服が濡れてしまったので
急きょ仕方なく私の黒いTシャツを着せた。
ロングワンピースみたいにピッタリで本人も気に入ったらしい(笑
又、大泣きしながら帰ってくるのだろうか…心配…。


息子が帰ってきた。
チンチンをキレイにしてもらったらしい。
案の定泣いて帰ってきた。
まだ縫合した糸は付いたままだ。
抜糸したら又、更に痛がって泣くんだろうな…。
可哀想に。
もし次に又、男の子が生まれたら、私はもうセネガルに来ないでおこう。
その子と父ちゃんだけで来てもらおう。
私はもう御免だ。
この環境も、我が子の苦痛を見るのも。


この家の前は小さな広場の様になっているから、毎日の生活の色々な場面を
垣間見られて面白い。
だって私は『外国人』。
ありふれた生活の中にある沢山の違いが面白いのだ。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-05 16:07 | 文化の違い
昨日は息子の割礼のお陰で案の定ゆっくり眠れなかった。
着ている物なんかが傷口に触れると痛くて大泣きするのでオムツも付けられない。
しかもオシッコする時も痛いらしくギャーギャーと泣いていた。
本当に可哀想だ…
今朝も起きてスグにカーズでごまかす。
パンを食べたけど、少し残していた。
それから又、私と息子で眠って、起きてから昼食。
昼は私より息子の方が良く食べていた。偉いぞ(*゚∀゚*) !

昼寝から覚めた時、息子も同じくらいに目が覚めたんだけど、目が合ったその時
「母ちゃん大好きだもね」と言われ「母ちゃんも、いーたん大好き!」と言った。
すると「母ちゃんのメンメ可愛いね」「母ちゃんのお鼻可愛いね」と言われて
寝起きから息子にメロメロな私…(*ノωノ)キャッ

断水になって今日で3日目。
水道管か何かの工事でもしているんだろうか…。
本当に不便だ。
日本てアリガタイ…

今、うつ伏せになってコレを書いていたら、父ちゃんが背中に乗っかってきて
「痛い!重い!」と叫んでいたら、息子に「父ちゃんダメだよ!」と叱られた(笑
父ちゃんは「ごめんね」と苦笑い(。-∀-)ニヒ♪

ココに来てから硬水なせいか、水で頭を洗ってるせいかお尻の下まで伸びた
この髪がゴワゴワになってしまった(´-ω-`)
クシの通りも悪く日々痛んでいる様な気がする。
とてもイヤだ。
しかも外はとてもホコリっぽい。
ココの砂は日本の海の砂とは全く違って、すごく細かくサラサラしている。
土と言う程、湿ってないし…やっぱりサラサラの砂だ。
風の強い時の舞い上がり様はひどい。
ベランダの目の前に立つ木の葉にもスゴイ沢山積もっている。
コレって体にも良くなさそう。
砂漠の砂って、こんな感じなのかな…


上唇を虫に刺された…(-公-;)チッ


e0128692_12115449.jpg

そういえば
息子が裸足で
外なんかを
ウロウロすると
坊主なせいか
すっかり
現地の子らと
馴染んでいる。

でも「違うんだなぁ」と思ったのは、日本に居れば黒人の子供に見えるけど
こっちに居ると日本人の子に見える事。。。
だからMIXなんだろうな…
『ハーフ』というより『MIX』なんだろうなぁ…。
父ちゃんはと言うと、こちらに来てから丁度良い感じだ。
お互いにそれなりの距離を保って冷静に接している所が『タンパク』と言われる
私にとっては気持ちの良い状態。


今頃になって気が付いたけど、ここは1日中人の声がしている。
朝~夜まで話し声がする。
淋しくなくて良いけど、実際この家に住んでいる人数は、私達も含めると
17~20人…話し声がしない方がオカシイか。


たった今、父ちゃんの大好きな「お姉さん」のラマから布を2枚プレゼントされた。
「ありがとう」と言う。
紫色と茶色の素敵な布だ。
挨拶ついでに写真を一緒に撮って貰った。
これからもっと色んな写真をどんどん撮らなくちゃ(*゚∀゚*)


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


今、父ちゃんに息子のオマルを買いに行ってもらっている。
トイレトレーニングの最中なので、まだ上手くトイレを伝えられないし
だからと言ってオシメも付けられないので、様子を見て座らせれば良いと思い。
寝てる時はまだ目が覚めず、仕方ないので何枚も重ねてタオルを敷いている。
毎日洗わなくちゃいけないが、息子の痛みに比べれば、こんなの何て事ない。

息子は体を余し、退屈で泣いている。
寝たきりでDVDばかり見せているので、まぁ他に出来る事も無いんだけど、
でも目に良くないので、仕方なくやめさせたから。
抱かないと座る事も出来ないので本を見たり、遊んだりする事も出来ない。
可哀想だが、ある程度動ける様になるまで、もうしばらく我慢してもらうしかない。

余り泣くので、少し起こしてみた。
歩かせたりしてみると恐る恐るだけど、思ったよりちゃんと自分で動いている。
行動範囲も少し広がったと思っている所にイブが様子を見に来てくれた。
少し元気になった息子を見て嬉しそう。
今は2人でイブの顔を洗濯バサミではさんだりして遊んでいる(笑
子供版『ドリフ』みたい(笑
子供ってなんでもオモチャに出来る才能を持っている。
私も昔はそうだったのに…ココで少し学んで帰ろう…。
そんな事をしているうちにママドゥも来てオレンジを食べながら皆なで何となく
遊んでいた。
そこにママと父ちゃんが帰って来て息子のオマルと赤ちゃん用のオシメを
持って来た。
その矢先、息子、そのままウンチをもらす…(汗
「足に付いたー」と騒ぐ声に目をやると…ウンチが足に付いてたんだよぅ…(泣
父ちゃんに叱られて泣きながらオマルにまたがった息子。
結局オシッコしか出ず…。
今はお尻の下にオシメを広げて敷き、泣きつかれて眠っている。

息子にしたら訳も分からず、こんな所に連れて来られて、頭は丸められるわ
チンチンの先っちょはチョン切られるわ、オシメの取れない自分のせいでも
ないのにオモラシして叱られるわ…。
一番気の毒なのは息子なのに…ごめんね…ノд-。)


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


マラブーの所に行って来た。
私の話は色々良い方向に進むらしい事を話していた。
何か色々とやれば…。
で、あとはあっちの話だったんだけど、帰りに今住んでいる家の事で父ちゃんと
ママが大声で、大きな身振り手振りで話していた。
ケンカしているのかと思ったら、アレでもケンカじゃないらしい…。
知らない事は沢山だ。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-04 11:34 | 文化の違い
今日はすっかりダウンしてしまった。
昨日から水便になり、1日に10回以上、夜中には5回前後トイレにこもってる。
で、ほとんど寝ていない。
疲れているので眠いんだけど、お腹が痛くて眠れない。
大抵の人は、そんなにヒドくならないと言っていたが…
摂食障害を患っていた頃に『普通』だった胃腸の弱さが、まだ残っていたとは…
嘔吐は無いけど胃が硬くなって、動くとキリキリと痛い。
余りにも頻繁な水便のせいで痔になりそうil||li (つω-`*)il||li
切ない…いつ終わるんだろう…
この調子の悪さ…


昼過ぎ、噂の『マラブー』が来た。
マラブーとはイスラムの祈祷師みたいな人。
ここでは神聖で尊敬を集めるスピリチュアルな存在だ。
私のやりたい事やなんかを色々聞いて相談にのってくれるらしい。
まず、息子が元気で無事に大きくなってくれるかどうか聞いたら
「全く大丈夫」との事だった。
何の心配も要らないと聞き、安心したら泣けた。
ママは、そんなヤワな私を見て驚き、抱きしめ、頭をなでてくれた。
いつでも優しいママ。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


セネガルに来たのにはママに会うのとは又別に理由がある。
息子の割礼だ。
結婚する前に父ちゃんと約束したので仕方がないが、
自分のお腹を痛めた子供の体にメスを入れられるのはすごく嫌だ。
でもこちらの風習なので仕方がない。
女の子なら割礼はしないと言う条件も飲んでもらったのでホント仕方ない。
「必要の無いチンチンの先っちょの皮を切るだけ」と言われ
理屈では分かってるんだけど…やっぱり納得しきれない…。

ママが神聖な割礼用の服を作ってくれた。
白い布で三角帽子とワンピースの様な服。
そして同じ布でお守りも作ってくれた。

もうここまで来たら…諦めるしかない…



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*



夜、腹痛を押して、ママ・父ちゃん・ママドゥ・私と息子で別のマラブーの所へ。
予め聞きたい事をメモしておいた物を父ちゃんに伝え
ソレをマラブーに話してもらった。
これから先のプランを主にメモして話したが、その場にいて一緒に話を聞いてた
ママが「私の娘(私)は頭が良い!」と言っていたらしい(笑
次の木曜日までに色々スピリチュアルな事をして結果を知らせてくれるらしい。

感想としては、マラブーのおじさんの空気が、とても穏やかで、安心して話せた。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 14:07 | 文化の違い

『Chaz Joe』

e0128692_10422433.jpg

夕食が
クスクス
だったので、
苦手な私は
あまり
食べられず。

心配した父ちゃんがダカールのファーストフードの店に連れてってくれた。
『Chaz Joe』(シェ ジョー/ジョーの店)と言うところ。
普通のバーガーとは言っていたけど…チョット違う。
店内は人でごった返していた。
父ちゃんの後ろに着いて店内に入ると、みんな私を見て何か言ってる。
あ、そうだ、私…外国人になったんだ(笑
目だけを動かしてあれこれ見ているといきなり目に飛び込んできたデカい肉!?
入っていきなりシシカバブ…?ヮ(゚д゚)ォ!
大きな鉄板がカウンターに面していて、そこで野菜や卵や色々焼いてる。
日本人的視点から見ると衛生環境悪すぎ…
コーラとナントカバーガーを注文。
日本のバーガーショップとは程遠い。
店員も当たり前に『営業スマイル』なんて無く、注文すると「忙しいのに…」
みたいな迷惑顔…接客商売でしょうが…(`ω′;)
出来上がってテイクアウト。
家に着きバーガーを開くと、中にはさっきのカバブ・目玉焼き・炒めた玉ねぎ・
ハラペーニョ・マヨネーズにケチャップに、フライドポテトまで入ってる(゚ロ゚ノ)ノ
通常のバーガーセットが全部入ってる感じ(笑
入ってないのは飲み物だけ(´艸`)プッ
美味しかったけどデカくて半分しか食べられなかった。
バーガーの直径約15cm、高さは7cmと言った所。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-03 13:20 | 文化の違い
息子はあれからずっと眠り続け、朝の5時くらいまで起きなかった。
寝すぎでビックリ…
私も夜中に目が覚めてしまうので、セネガルには朝がなかなか来ない様に
思われる…。
あの、イスラムの歌…夜のうち3回~5回は流れてる。
日本でこんな事したらスグ警察呼ばれそうだけど…
セネガルの人が日本に来ると、コレがなくて夜が静か過ぎると思うのかな…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


今、部屋のベランダでコレを書いているんだけど、ここ数日の間、日に何度も
外を走る車のタイヤがバーストする。
通りに面した家なので、庭に出ればすぐ通りが見える。
そこを行く車やバスが、走りながら「ボフッ」と言って
急にスピードが落ちてゆく。
あとはバーストしたタイヤが、ホイルに巻きついてバタバタして車が止まる。
はじめは何度かビックリして、その度に振り向いていたけれど
こんな事にも、もう慣れた。
人間の持つ『慣れる』という習性はありがたい。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*


ここから、この国の女性を見ていると、若い年頃の子はみんな本当に
モデル並みにスタイルが良い。
「奇形か?」ってくらい手足が長く、お尻はプリッと持ち上がっている。
セネガルの女性はアフリカの中でも3本の指に入る美人揃いだと聞いた。
それに加えて両親や目上の人を大切にするし、家事の出来ない子など
居ないだろう。
女性として、とても優れている。
同年代の日本の(私の知っている限りの)女の子と比べても比にならない。

独身の男の子達は子供の面倒をとてもよく見るし、息子の事もとても
可愛がってくれる。
私が少しでも息子を叱ろうとすれば、体を張ってかばおうとする。
ここには子供を叱る習慣は無いんだろうか…
それにしても、特に義弟イブ、なんて良い子なんだろう…。
日本に連れて帰りたい(TωT)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 19:45 | 文化の違い

今は選挙の時期らしい

日本で言う『選挙カー』が走っている。
なんか、ヨロシク的に叫んでいるのは日本と同じだが、明らかに違うのは
あのアフリカンな太鼓のリズムに合わせて元気な音楽を流してる。
しかも改造ハイエースみたいな車の上で踊ってる人もいたしΣ(゚Д゚;エーッ!
結構大々的にやっている。

この国はイスラム国家で、どこに行ってもソレに関連したタペストリーや絵や
写真が飾ってある。
しかも毎日、一日の決まった時間に、お祈りの歌なのか、町中に響く音量で
何度か流れてくる。ソレは早朝や夜中にも鳴る。
始めは驚いたが、もう慣れた。

テレビではカートゥーンも入っているものの、MVCみたいな番組では
セネガルのバンドやアイドルみたいのが出ていた。
全部、ホームビデオで撮影した様なクリップだ。


さっきシャワーを浴びたが、水だったΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!!
水で普通なのだ。
シャワーのヘッドも取れていたから、シャワーじゃなくて『長い蛇口』( ̄ロ ̄lll)
で、浴びたら超寒い((;゚Д゚)ガクガクブルブル
体にかけるには、かなり勇気が要り、先に頭を洗う事にした。
が、ツラツラと背中に流れて来る水が冷たい…
顔を洗った時点で体にもダラダラ流れて来たので
エイッ(`ω′;)三
とばかりに体に水を掛ける!!!
急いで体を洗って流し、タオルにくるまる。

寒くてツライ ;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!

チョット風邪ひいたかも…(泣



息子も私も疲れからか体調を崩したらしい。
さっきから鼻水が出る。
街が乾燥していてホコリっぽいせいかも。
息子はシャワーではなく、バケツにお湯を貰って体を洗わないとダメだ。
喘息なのにココで風邪をひかれては大変だ。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-02 12:44 | 文化の違い
息子はモロッコでの待ち時間の間、既に眠ってしまい
飛行機の中でもずっと眠っていた。
この機で初めて黒人の客室乗務員さんを見た。
疲れてウトウトしているうちに…ハッと顔を上げると着陸態勢に入っていた。
…いつ眠ったんだろう…(´・ω・`)?
初めてづくしだと、自分の体の管理すら出来なくなるんだろうか…

無事に夜のダカールに着陸。
降り立つと…まず、生まれて初めての海外に戸惑いまくり。
父ちゃんの後ろを不審者の様にキョロキョロしながら荷物の受け取り場に
向かう。
私の荷物が来た。
父ちゃんの荷物、3つのうち、ひとつはモロッコで預けたんだけど
その荷物をしきりに気にしている様子。
持ち込むつもりだったので鍵のついていないリュック。
開けてみるとデジカメとi-podが無くなっていた。
ココで、まずビックリ。

出口に向かうと出迎えの人の山。
みんな黒人…(当たり前だって!)
誰が誰だか分からずに父ちゃんの後ろを息子の手を引いて歩いていると
誰かがいきなり抱きついてきたΣ(*Д☆ノ)ノ
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!! と思い、顔を見ると…ママ…
ん?ママ?

ママ~★*゜*(感´∀`激)*゜*
会いたかったー!

他にも父ちゃんの弟のママドゥ、アメット、妹のアイダが出迎えてくれて
止まっている車に荷物をガンガン積み込んで行く。
寝起きだし、空気も読めてない私は電柱のようにボーッと立ち尽くすだけ。
周りが早送りで動いているみたいで、あれよあれよと言う間に車に乗せられ
家に向かう。

…車…TAXIだった。

この『タクシー』から始まった私の「カルチャーショック体験」。
当たり前に聞こえるこの響き…私の乗った『タクシー』は…
なんとフロントガラスに何本ものヒビが入ってる(笑
しかも後部座席の右側(運転席の後ろ)の窓ガラスが無い(笑
エンジン音もすごいけど、何よりスピードが…普通の一車線道路で
30km制限の所を70kmで走るわ、車線は無いわ
対向車も同じ車線走ってくるわで交通ルールは全くナシ!?
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
しかも車間距離が激近で運転荒過ぎΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ~~~~!!
ココまで来たら、もう、笑えない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

車に乗って30分程、ケタハズレな常識のズレが私を次々と襲う…

でも、私も、もう初めての事づくしついでって感じで
すんなりとは行かないけれど意識的に受け入れる事にした。
だって、もう、仕方ない。。。
生まれて初めて飛行機にあんな長時間乗ってたし、生まれて初めての
時差だし、生まれて初めての海外だし。
それに尋常ではない足のムクみにやられ、そして
考えられない程に眠れなく、そこに比例する疲労感。
もう全て受け入れるしかない…だって現実だし。
全て当たり前だと思えば、違った事も楽しいはず…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:¨':*


初対面のママは私や息子と会って喜んでくれた。
私たちがお世話になるのは、お婆ちゃんの家。
ママのママ。
2階の部屋をひとつ用意してくれていた。
ココに来て、色んな人に会い、紹介してもらったけど
名前はほとんど覚えていない…
聞き慣れない名前が難しい…
部屋に通され、用意されたビーチサンダルを履いて過ごす事になった。
家の中も外もコレを履いて生活する。

日中は外で羊をつないでいると言っていたが、着いたのが夜だったので
家の玄関の中に入っていた。
床は石張りになっていて、当たり前に羊達がそこで用を足す…
初めての家畜の糞尿臭…キツいです…
しかも、そこにトイレとシャワー室があって踏まずには辿り着けないのだ…
素足にビーサン、絶対足に付くよ(;・∀・)


そして、トイレ。
飛行機でずっと緊張していた私は、家に着いて安心するとお腹が張ってきた。
いよいよ、その時が来たのだ…

私の人生初 『手でオマタを洗う』 日が。

トイレにはトイレットペーパーの代わりに小さな蛇口があり
その下には水受け、中には茶色い汲みオケが。
気を利かせてママが買ってきてくれたトイレットペーパーを持って入ったが…
『豪に入りては豪に従え』
やって来ました…
「大」をした後、実はすごく抵抗があり、2~3分迷ったけど
意を決してついに実行!!!!!
ん~…思ったより平気だった。別に悪くない…。
でも洗った後、紙で拭く事にした。
ベチャベチャのままでパンツを履くと、いつまでも湿っているのが気持ち悪い。

トイレは水洗だったんだけど、壊れてるらしく水が流れない。
仕方なく汲みオケで流すが、なかなか流れない…ので、しつこく見えなくなるまで
流し続ける。
ある意味、意地だ(笑


翌朝…他人の便を初めて見た…
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-01 15:05 | 文化の違い