世間知らずの私が、カルチャーショックに出逢った日


by nannka-nannka

カテゴリ:海( 2 )

今朝は少し暖かい。
羊ももう外に出ている。

今ベランダでコレを書いているのだけど、奥様達の掃除の風景を見ていたら
隣の羊がイライラしている。
私のイライラがうつったのか…!?
ヤギがウロウロしてるが、こっちの羊は毛が短いのでヤギと羊の区別が
最近やっと分かった所だ。
ツノの形で何となく分かるけど、子供だとどっちだか分からない。
ここにいるとホコリで鼻が危険なので中に入るとする。

ココに来て思うけど、何だか息子が気の毒…
お友達も居ないこんな所で私や父ちゃんに余されてDVDばかり見ている。
お友達がいれば外で遊んだりもするんだろうケド、割礼の傷の事もあって
満足には遊べない。
それに日中大半は仲良しの義弟のイブが学校でいない。
傷のせいで体を拭くだけで風呂にも入れない、手は火傷する、
ひどく虫に刺される、退屈だ、父ちゃんの機嫌も悪く怒られっぱなし…
私はと言うと、日本では、ごく厳しい母親だが、この状況になってしまっては
ついつい息子を甘やかしてしまう…
いいか…ココでくらい、優しい母ちゃんでも良いよな…。
甘やかしたって良いよな…。



みんなで海に行くそうだ。
私は…どうしようかな…。
お腹の調子は少し良い。

朝食も取らずにダウンタウンへ。
e0128692_17534785.jpg


ママドゥと
アイダと
ママの4人で
あの憧れの
黄色いバスに
乗って行った。

窓ガラスは無く、後ろのドアから出入りする。
前の方に座ったけどスゴク狭かった。
乗り込んで座ると小銭を回収する人がいて、乗るに必要なコインを渡す。
それぞれバスが停まる所で物乞いの子供や盲目の人が窓際に来た。
こう言う風に物乞いをしていて、たまに
車にひかれて死んでしまう子も居るそうだ…
子供を大切にしない国家は悪だ。
先進国ではないとは言え、許しがたい現実だ…。

町に着いたが、すごく汚い。
道中ゴミだらけ。
今日は日曜日で店がほとんど閉まっていたので、限られた店で買い物を。
初めはジーンズを買う為に店の中に入り試着までして買う物を決めたのに
ママとアイダが高過ぎると断って帰る事になった…
外国人はボッタくられると言う。
別に多少高くても日本よりは安いから良いんだけど…
アイダだけは英語が話せるので、そう伝えたが、ママの頑なな態度は変わらず。
諦めて帰る(笑
TAXIだけじゃなく、色んな物が言い値交渉で決まる様だ。
でも、あとで詳しく聞いたらジーンズ4本で6000円と言ってた…
…それって安いんじゃ…( ̄□ ̄;)
でも、又明日行くと行っていたので、まぁ良しとする。
で、移動中、大き目のパレオっぽい物を見つけ土産物も含め8枚買った。
巻きスカートにしても良いし部屋の目隠しやインテリアにも出来る感じ。
次に又、通りでビーズのアクセサリーを売っていたので土産用に幾つか買った。
今日の買い物はこれで終わり。
明日、またダウンタウンに行くと言っていたので、その時にでも又見よう…。
見れれば…。
だけど、明日はアノ素敵なプラスチックのやかんと火を燃やすシチリン(?)も
買いたい。



町で2手に別れて私とママドゥはTAXIで海へ向かった。
町を出る頃には気温がすごく上がっていてダラダラと歩く…。

岩場のとても良い場所にテントを張ってみんなくつろいでいた。
私はとても喉が渇いていたのでマンゴージュースをマグカップに3杯も飲んだ。
そしてテントの下で昼寝をしたり、ビデオを撮ったりしていた。
不覚だったのはカメラを忘れた事…。・゚・(ノД`)・゚・。
夕方には魚を焚き火で焼いて、みんなで食べる事に。
魚が焼けるのを待っている時、海に散らばる岩場に腰掛けて海や遠くを眺めた。
すると視線の左側に現地人の集団がチラッとはいり、そちらに目を向けると
同じ様に魚を焼いてる人たちが。
たぶん家族だろう。
子供や女性もいるが、男性が大半だった。
微笑ましい光栄を遠巻きに見ていると、私に気が付き笑顔で手招き…。
魚を一緒に食べようと言うジェスチャーをしている(笑
なんだか受け入れられた様で嬉しかったが、私も
「ココの陰で魚を焼いているの」というジェスチャーをすると
彼らは私の指差す方を覗き「OK!」と笑った。
子供達は恥ずかしそうに、でも私を警戒した様子も無くハニカミながら
魚を美味しそうに食べていた。
空気が優しいって、こういう事なんだろう…(*´∀`*)
それから少しして魚が焼け、呼ばれたので彼らに手を振って戻る。
インドア派の私なので海で魚を焼いて食べるなんて初めての事だったけど、
すごく美味しかった。
玉ねぎの味付けがすごく美味しくてパクパク魚も手で食べた。
玉ねぎはレモンとマギーとマスタードとコショウで味付けしていた。
シンプルで美味。
そしてのんびりした後、ゴミを焼いて帰って来た。
こんな事を恥ずかしいとも思わず、普通に出来る環境が素敵だと思った。


家に着くと仕立て屋さんが来ていて寸法を計り、私の描いた絵を確認して
帰っていった。
ギリギリ帰る前日までに作ってくれるらしい。
頑張って、お願いします…。

明日の買い物…楽しみだけど、なるべく欲しい物チャッチャと買わないと
また店の人にムッとされそうだな…(゚д゚lll)
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-11 13:25 |

3月3日 海へ

また腹が壊れた。
昨日、父ちゃんが又『ジョーの店』でバーガーを買ってきてくれ、コーラと一緒に
今度は全部食べたら、夜中に3回もトイレに行った。
やっぱり腹半分以上食べてはいけないんだ。
ここに居ては怖くて何も食べられない…


今日は父ちゃん、また町に出てオレンジやマンゴージュース、りんごジュースを
買って来てくれるらしい。
私と息子は留守番。
来週くらいに、お婆ちゃんの実家のある『ソモン』に行くと言っていた。
そこはダカールと違い、静かなので2~3日ゆっくりしてから又この家に戻ると。
まぁ、余り期待せず…ってトコロか。



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*



父ちゃんに誘われるまま、海へ行く。
メンバーは私・父ちゃん・息子・ママドゥ・アメット・イブ・シェハ(父ちゃんの叔父)。
用意する物が、まるでピクニックだ。
敷物や携帯コンロまで持ち、シーツまで…海で何するんだろう…。

行きはタクシー。
ココのタクシーは黄色で可愛い。
規定料金は無く、値段交渉で乗せたり乗せなかったりするそうだ。
2台に分かれて海へ行く。
e0128692_19252763.jpg



このタクシーの
フロントガラスも
何本かヒビが
入っていた。

ダカールから20分程で海に着いた。
車から降りると、ゴツゴツの岩間を よっこらよっこら歩いていたら
重油のキツイにおいが鼻についた。
波打ち際にゴミと重油が混ざった物が堆積していた。
アフリカの海って聞いて、それは美しい海を想像していたのに…
まさかこんな…。
そういえば近くでは大きな工事も行われていて、そこの機会のオイルが流れたの
かも知れない。
海の水は広い範囲で油が浮いた様な虹色が漂っていた。
そこで泳いでる人も居た。
体は大丈夫なんだろうか…。

こんな汚いゴツゴツの所で、のんびりなんて出来るのかと思いながら進んで
いるとちょっとした窪みにキレイな砂浜があった。
日陰がないとイヤだな~と思ったけど、さっき持って来たシーツと長い枝で
ちゃんとテントを張り、ビニールで出来たゴザ見たいのを敷いてくれた。
私の為に作ってくれたと聞き、なんて親切なんだと感心…。
とても助かった。
そこで気ままに横になりリラックス。
本当はお腹の調子が悪かったんだけど、外でのんびりしているうちに
少しずつだが良くなって来た様な感じ。
何時間居たのか…心なしかスッキリした気分だ。

e0128692_19281028.jpgアメット達は
持って来た
簡易コンロで
アタヤを作り
飲みながら
思い思いに
のんびりして
いた。
スプライトの
ペットボトルに
水を入れて
用意して来た。

ママドゥが本当に、よく息子の面倒を見てくれる。
息子もママドゥがお気に入りだ。
ママドゥに抱っこされている時、父ちゃんが「おいで」と言っても「ヤダ」と言って
断られるくらいだ。
のんびりしている時に、子供を2人連れた男の人が海の水を汲みに来ていた。
水が油で汚れていて困っている様だった。
その様子を見ていた父ちゃんとアメットが、水のキレイな方を指差して教えると
そちらへ行った。
戻って来た時には満足そうな顔をしており、ポリタンクには水が入っていた。
e0128692_19305392.jpg

息子とイブは、
その人の
連れて来た
子供と
サッカーを
して遊んで
いた。

e0128692_19314313.jpg




息子も本当に
楽しそう。


e0128692_19333646.jpg



ママドゥは
いつでも
筋トレを
欠かさない。

e0128692_1936419.jpg



シェハは
一見強面だが
実は一番
面倒見が良い。
言葉は
分からないが
すごく
ひょうきんな
人らしい。



石の色々☆⌒d(´∀`)ノ

e0128692_19392252.jpg
ダカールの
海には
色々な種類の
石があった。

これはとても
重かった石。

小さいのでも
ずっしりと重い。

e0128692_19411631.jpg


コレは
黒い石が
セメントで
固められた
様にも見える。

e0128692_19423191.jpg


コレも色々な
色が付いてる。

ゴツゴツして
ぶつかると
イタイ。

e0128692_19433943.jpg




こっちは白。

e0128692_19442491.jpg


こんな感じで
色んな石が
ゴロゴロしてる。

私には
珍しかった。




写真を撮ったり、あちこち眺めていると、男の人がバスケットをぶら下げて
近寄って来た。
ママドゥや父ちゃんと何か話している。
父ちゃんがお金を出して何かを受け取った。
ソレを私にくれた。
…ピーナツだ。
殻を開くとフニャフニャしている。
「コレ腐ってない?」
と聞くと「大丈夫」と。
このピーナツは塩茹でしているらしい。
ピーナツを茹でるなんて初めて聞いた。
全部食べたけど、もう次はいらないかも…

e0128692_20113560.jpg

どこに行っても
何かを売って
歩いている人は
いるんだって。

そう言われれば
どこでも
何か売ってる人
見るな…。



日も暮れかかり、そろそろ帰る。
違うコースを歩いて、道に向かっていると、ランニングをしているオジサンがいた。
アラビア系の顔立ちのオジサンは走りながら父ちゃんに近寄って行き何か
話している。
父ちゃんは照れ笑いをしながら「メルシー、メルシー」と言っていた。
「どうしたの?」と聞く。
『セネガル人+日本人+その子供』と言う私達を見てツボにハマったらしく
「家族でセネガルに来たの?良かったね!いつまでも仲良く楽しんで!!」と
言いながら握手をしてきたらしい(笑
日本では見ず知らずの人に、そんな事を言われるなんて絶対にアリエナイ。
むしろ、急に近付いて来られたらビックリして警戒し、逃げそうなモンだけどね。
恐るべしコミュニケーション力…イスラム文化よ…。
コレって体験的に希少価値だと思う。


帰りに又、タクシーを拾い2台で帰る。
私を連れていると、高く吹っかけられるので物陰に隠れる(笑
タクシー料金は言い値なので交渉が成立しないと去ってしまう。
そんなんで、帰りのタクシーは10台くらい止まっては去って行った。
コレって料金の決まっている日本に比べるとどうなんだろう…。
日本は捉まりやすい利便性もあるが、こっちは安価で乗れる事もある…
でも、それほど安上がりではないと言っていた。
外国人はボッタくられる可能性が高い…。
どっちもどっちか…。
どうでもいいが今まで乗ったタクシーのフロントガラスは全てヒビが入っている。
窓ガラスの無いタクシーもあった。

また知らない事に遭遇し、戸惑う。

タクシーでの信号待ちの時、渋滞みたいにゴチャゴチャに車が停まる。
すると脇の歩道から、大人やら子供やら、人が沢山出てきた。
子供達はカンを片手に物乞いをする。
顔を見れないので横を向いていた。
いなくなった。
こっち側の窓ガラスが割れてなくて良かった…。
こういう状況の子供を見ると、生活力もないくせに、みんな養子にしたいと
切に思ってしまう私は お人好しか…。
今度は物売り。
色んな人が色んな物を手に持っている。
クッキー、テレフォンカード、パンや果物やピーナツや
イスラムの偉い人のポスターなど、品物は様々だ。
現地人より外国人をターゲットにしているらしく、どんどんやってきた。
目が合うと窓を叩かれるので遠くを見る。
海から家まで3つほど信号があったが、どの信号でも物売りや物乞いが
集まってきた。
こういうのって、慣れるもんなのかな…。


今はシャワーにも入り、のんびりしている。
腹が壊れてから長いので、ママが心配して薬を持って来てくれた。
仕方ないので1度飲む。

今日は、本当に楽しそうだった息子…。
術後寝込んだのは3日程で、今は気を付けてはいるが、元気に動き回っている。
痛みにも慣れて来たのか、少し良くなってきたのか…
後者である事を祈りたい。
[PR]
by nannka-nannka | 2008-02-05 16:11 |